Recent Entries

スポンサーサイト

[スポンサード リンク]


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Microsoft Office IME 2007を極める![2]

[スポンサード リンク]


Microsoft Office IME 2007を極める![1]の続きです。

面白みのかけらもない記事ですが、Microsoft Office IME 2007に興味のある方、またはIME2007をいじくりたい方は見てやってくださいまし~

和英混在入力

和英混在入力

  • 英数モードではSpaceキーでスペースを入力する」のチェックをはずすと、半角英数モードの際の変換がスペースでできるようになります。
    チェックがある時は、Spaceキーはスペース入力で、変換するにはF9やF10を使います。
  • 英字をローマ字かな漢字変換する」は主に英語を入力する方向けの設定です。半角英数モードで入力した後、かな漢字に変換できます。
    (変換方法は「英数モードではSpaceキーでスペースを入力する」の設定によります。)
  • Shiftキー単独で英数モードに切り替える」にチェックをつけると、Shiftキーを押すだけで半角英数モードに切り替わります。
    (直接入力以外の時に有効です。)
  • Shiftキーを使用した連続入力後に英数モードから復帰する」は、上記の「Shiftキー単独で英数モードに切り替える」が有効な時にShiftキーで半角英数モードにして文字列を打ち変換までした後に、自動的にひらがなモードに戻るという設定です。
  • 対象文字列を自動で英数に変換する」は覚えておくと便利な設定です。ひらがなモードのまま、対象文字列(「\\」や「c:\」)を打つと自動で入力モードが変わります。
    (直接入力モードなど)
    これは対象文字列に続く文字列がおそらく英数であろうとIMEが予測する為です。

    (追加はここをクリック)を押し、半角英数4文字以上で対象文字列を決め、入力モードの欄をクリックするとリストから変換する入力モードが選べます。これで新しくオリジナルな設定が追加されます。
辞書/学習

学習設定

  • 学習する」のチェックをはずすと、Microsoft Office IME 2007は学習しなくなります。でも学習しててもお馬鹿な気もします。
    学習情報をファイルに保存する」は、ほかの人とパソコンを共有している時などに、他の人の学習結果を書き込まないようにする設定です。
    [学習情報の消去]をクリックすると今までの学習情報が全て削除されます。

    登録された単語を見てみましょう!
    言語バーの「ツール」から「辞書ツール」を選択。
    辞書ツールの「ツール」から「フィルター」をクリックします。
    登録種別の「登録単語」のチェックをはずし、「学習単語」にチェックして[実行]をクリックします。
    さぁ、どうでしょう?書き損じまで覚えてたりしませんか?
    いらない単語があったら、「編集」-「削除」で消しちゃいましょうねー!

ユーザー辞書

  • ユーザー辞書」は学習によって覚えた単語が保存されています。
    [編集]をクリックすると「辞書ツール」が開きます。

辞書の修復

  • 辞書の修復」は期待しない形で学習をしてしまった場合やユーザー辞書が壊れてしまった場合に行います。
    変だな~と思ったら行ってみましょう。

システム辞書

  • 「システム辞書」の「辞書の設定」のチェックは、左で選択されている辞書を適用する変換モードの設定です。
    ※[追加]や[削除]は辞書ファイル自体の追加や削除です。

    例) 顔文字辞書を選択し、話し言葉優先のみチェック有りの場合

    言語バーの変換モードを話し言葉優先にした時([般] ⇒ [話])のみ、顔文字辞書が適用されます。
    それぞれの変換モードで「かお」と入力して、違いを確認してみましょう。
オートコレクト

入力オートコレクト

  • 入力間違いしやすいパターンを自動的に訂正する機能です」はそのままテキストエリアでチェックされた内容を自動的に訂正してくれます。邪魔なものはチェックをはずします。
    説明と例にある通り、ひらがなモードで数字入力後に「。」や「、」を入力すれば動作がわかります。

全角/半角

  • 文字種によって全角/半角どちらに変換するかを指定します。」は、それぞれの文字種を変換する時に候補一覧の一番目に何をもってくるかの設定ですので、他のものに変換できなくなるわけではございません。

    わたしは、数字のみ「常に半角に変換」に設定しています。
    (全角数字があまり好きでは無い為)
予測入力

設定

  • 予測入力」とは過去の入力履歴から次に打たれるであろう文字を予測し、候補としてあげる機能です。大体、2回くらい同じ文字列を入力するとIMEに予測されます。
    繰り返し同じ文字を文中で使う場合には便利です。

    例)お持ち帰りメニュー
    「おも」と入力しただけで、文字列「お持ち帰りメニュー」が予測された。
    Tabキーを押すと予測変換の候補が表示され、選択しEnterキーで決定できる。

    予測入力
    (予測入力のヒント画像)

入力履歴

  • メモリに保存する」はコンピュータのメモリに入力履歴を保存しますので、パソコンの電源を切ると今までの入力履歴がなくなります。
  • ファイルに保存する」はファイルに入力履歴を保存するので、パソコンの電源を切っても入力履歴はなくなりません。

    ほかの人とパソコンを共有している時などに入力履歴がわかるのが嫌な方は「メモリに保存する」に設定するか、[入力履歴の消去]をクリックしましょう。
  • 「ファイルに保存する」にした場合でも、[入力履歴の消去]をクリックすると予測入力に使われる入力履歴が消去できます。
    (学習設定の「学習情報の消去」をクリックしても予測入力の候補はなくなりません。)

ヒント表示

  • 表示位置」ではヒントを表示する位置を決めたれます。または、表示しない設定にもできます。ご自分の見やすい位置に設定しましょう。
    未確定文字列の長さ」は、ヒント表示するタイミングの設定です。(1~15の範囲で選べます。)
  • わたしの予測入力
    ヒントが表示されるのは、キーを打つ速度よりも遅いです!

    ですので、何度も打った面倒な文字列の頭2文字位(1文字でも可)を入力した刹那、間髪入れずTablキー打っちゃいましょう!すると予測変換候補が表示されまーす!
    こうすると予測入力がより便利な機能だと感じますよ。
    ちなみに予測入力は難しい文字限定で使った方が良いですよ~
プライバシー

学習

  • 学習情報をファイルに保存する」は、「辞書/学習」タブの「学習設定」-「学習情報をファイルに保存する」と同じ設定です。 連動していますのでどちらで設定してもOKです。

予測入力

  • 予測入力のための履歴をファイルに保存する」は「予測入力」タブの「入力履歴」-「ファイルに保存する」と同じ設定です。 連動していますのでどちらで設定してもOKです。

誤変換

  • 発生した誤変換をフィードバックするために記録する」は、今後の製品をよりよくするために、Microsoft Office IME 2007の誤変換データを Microsoft に送信するための設定です。

    記録された誤変換データの送信は言語バーの「ツール」-「自動記録された誤変換データの送信」からできます!

    直前の誤変換データのみの送信は、言語バーの「ツール」-「直前の誤変換じデータの送信」からできます!

カスタマ エクスペリエンス向上プログラム

その他

全般

  • メニューおよびダイアログで使用する言語」は、Microsoft Office IME 2007のプロパティなどの文字を設定できます。
    英語にして、一度プロパティを閉じれば、英語になりますよ

    戻し方がわからなくなちゃったら
    「Others」タブのリストを「Japanese」か「Auto-select」にして戻しましょう!
  • 標準で使用する日本語システムを確認する」はどんな時に必要なのかわかりませんでした~
    まぁ、チェックしとけばOKでしょう!
  • さて最後の項目にして最強の奥儀です!

    プロパティの設定を規制値に戻す

    今まで行ってきた設定を全て初期状態に戻せます。

    どこの設定が悪いんだかよくわからないけど、Microsoft Office IME 2007が使いづらくなっちゃった方は、一度元に戻しましょう!

    何度もやっているうちに自分好みの設定が見つかると思います!

いや~何だか難しい設定が多いですねー!
Microsoft Office IME 2007の初期設定でもOKですが、がんばって自分にあった設定を見つけたいものです!

≫最終章 Microsoft Office IME 2007を極める![3]に続く!

Comments

Comment Form