Recent Entries

スポンサーサイト

[スポンサード リンク]


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サイトマップを使ってLive Search(MSN)のSEO対策

[スポンサード リンク]


あなたのサイトはLive Searchからのアクセスがありますか?
無いのであれば、MSNBot(クロール)が来ていない可能性があります。
Live SearchのSEO対策をしっかり行いましょう!

Live Searchhttp://www.live.com/
Live SearchはMicrosoftが提供する検索サービスです。
IT用語辞典バイナリ : Live Searchとは

Live Searchのヘルプから「目次」-「サイト オーナー向けヘルプを参照する」へ進むとLive Searchのインデックス登録に関する情報が確認できます。

あなたが管理している Web サイトの検索結果での表示順位を上げたくはありませんか? Live Search で、自分の Web サイトが希望どおりにインデックス登録 されるようにしたくはありませんか? Live Search サイト オーナーのヘルプでは、このような役立つ情報を紹介しています。

  1. まずLive Searchに自分のサイトがインデックス登録されているか確認しましょう!
    Live Searchの検索窓に「site:自分のサイトアドレス」を入力するとインデックスされているページがわかります。(TOPページの確認は「url:」)

    例) site:http://miracleblues.blog46.fc2.com/
  2. 自分のサイトをLive Serchに直接登録しましょう!
    Live Search に自分の Web サイトの URL を通知してインデックス登録することができます。

    Live Search に自分の Web サイトを通知する」の「サイトを登録」をクリックし、登録したいサイトのURLをフォームに入力して画像認証の文字を入力します。最後に「URLの登録」をクリックして完了です。

Live Searchのサイトマップ

さてここからが本題のサイトマップを使ったSEO対策です
SEO対策といえば、サイトマップ(sitemap)ですよね。
Live Searchでもサイトマップを使ってSEO対策できます。
ただし、まだbeta版の上、英語のページしかないです。そのうち日本語版もでると思いますが、そんなの待ってられな~いという方はがんばってLive Searchにサイトマップを登録しましょう!

Live Search Webmaster Center : http://webmaster.live.com/(英語)
※Windows Live IDが必要です。

  1. webmaster tool(beta)のところの[sign in to use the tools]ボタンをクリックします。
  2. Windows Liveのサインイン画面(日本語)になるので、自分のWindows Live IDでサインインしましょう。IDの無い方は[新規作成]ボタンで作れます。
  3. Add a websiteのページに行きます。

    MSN_WebmasterTools_thumnail
    画像をクリックすると大きくなります。
  4. Website」のところの「Web adress」に自分のサイトのURLを入力します。
  5. Website」のところの「Sitemap adress」に自分のサイトのサイトマップアドレスを入力します。FC2ブログの場合はURLのお尻に「sitemaps.xml」を追加するだけです。
  6. Verification(確認)」は、サイト管理者の確認についてです。
    XMLファイルをルートディレクトリにアップロードするか、メタタグを使うか選択できます。
    ブログの方はメタタグを使用しましょう。

    今回はメタタグを使いますので、
    「Look for a META tag I'll add to the home page file.」を選択します。

    なお、「Look for an XML file I'll add to the website.」を選択し、サイト管理者の確認をXMLファイルで行いたい方はSEO対策 ドットコムの記事「Live Search Webmaster Center(MSN) サイトマップ登録手順図解」を参考にしてください。
  7. Contact infomation」のWebmaster e-mailにメールアドレスを入力し、[submit]ボタンを押します。「Sign me up for the way cool and at most monthly newsletter for webmasters」のチェックはWebマスター向けのニュースレターを希望するかどうかです。希望しない場合はチェックを外します。登録後にも変更できます。
  8. 次のページに表示されているメタタグをコピーして、自サイトの<head>~</head>内に貼り付けます。

    <meta name="msvalidate.01" content="ほにゃらららららららららら" />
    ほにゃららら…の部分は自分専用の認証コードです。

    Webサイトのアドレスやサイトマップアドレスなどが正しいか確認しておきましょう!
    「Authentication code」はそのサイトの認証コードです。
    「Receive mail from Microsoft」はニュースレターを希望した場合はTrue、希望しない場合Falseになります。
  9. [OK]をクリックすると、Website Listのページになります。
    登録したWebサイトのドメインがあれば登録完了です。おつかれさまでした。
    なお、[Add a site]ボタンはサイトの追加登録ボタンです。

    ※「Remove selected sites」は「選択されたサイトを取り除いてください。」という意味なので、チェックボックスにチェックを入れてクリックするとそのサイトの登録が削除されてしまいます。ご注意ください。

以上で、Live SearchSEO対策は完了です!
どれほど効果があるかわかりませんが、何もしないよりは良いでしょう

Site summary for

Website Listのページでサイトのドメインをクリックする様々な情報が確認できるSite Summary(サイト概要)のページにいきます。

  • SummaryではIndexed pages(インデックスされたページの数)やDomain rank(Live Search独自のサイトランク)、Last crawled(最後にクロールされた日)などが確認できます。
    ちなみにDomain rankは5段階評価らしいですが甘いのであまり意味はないかと…
    (Live Search での Web サイトのランク付けは完全に自動化されています。ヘルプより)
    Top 5 pagesにはWebページ毎のランクが表示されます。(クロール日の新しい順)
  • Profileでは、ニュースレター希望を変更できます。
  • Keywordsでは、入力したキーワードがヒットする自サイトのページが表示されます。
    特定のキーワードに対してこのページが検索結果でどう働くかを見直せとの事。
  • Top Outbound Linksでは、評価上位10位までの外部リンク(サイト内部から外部のサイトへ張られたリンク)が表示されます。
  • Top Backlinksでは、評価上位10位までの被リンク(外部のサイトから自サイトに張られたリンク)が表示されます。
  • Sitemapでは、Sitemapを直接送信出来ます。
  • 左のメニューもついでに~

  • Your websitesの「Click to expand」をクリックするとサイトリストが広がります。
  • Toolsの「Validate robots.txt」はrobotstxtを使っている方向けのチェック機能です。
  • Helpはヘルプです。(もちろん英語)
  • See all your websitesをクリックするとWebsite Listのページにジャンプします。

Googleのウェブマスターツール、Yahoo!のサイトエクスプローラー、そして今回のMSNのLive Search Webmaster CenterなどでしっかりSEO対策して、自分のWebサイトのアクセスアップに励みましょう

Comments

Comment Form