Recent Entries

スポンサーサイト

[スポンサード リンク]


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

YAHOO!JAPANのサイトエクスプローラー

[スポンサード リンク]


YAHOO!JAPANサイトエクスプローラーをご存じでしょうか?
サイトエクスプローラーとはGoogleウェブマスターツールみたいなもので、YAHOO!JAPANが提供するサイト管理者向けツールの事です。(機能的には劣りますが・・・)

YAHOO!JAPAN サイトエクスプローラー
URL : https://siteexplorer.search.yahoo.co.jp/

Yahoo!の検索エンジン(Yahoo! Search Technology)にインデックスされているページや、ページへのリンク情報などを確認できます

まずサイトエクスプローラーに管理サイトを追加するにはYahoo!JAPAN IDが必要です
また、サイト認証を行う事によってすべての機能を使うことが出来ます。

サイトエクスプローラーのサイト認証方法

  • その1(メタタグ認証)おすすめ!
    1. 管理サイトに追加にアドレスを入力し、[管理サイトに追加]ボタンを押します。
    2. もう1度[管理サイトに追加]ボタンを押して確定です。
    3. 「認証状況」の未認証をクリックします。
    4. 専用のメタタグをコピーして、自サイトの<head>~</head>内に記述します。

      <META name="y_key" content="ほにゃららららららら">

      ※ほにゃららららの部分には英数字が入ります。
    5. アップロードが終わったら、[認証開始]ボタンを押します。
    6. 以上です。認証開始から通常24時間以内に認証されます。
  • その2(HTML認証)
    ルートディレクトリにファイルをアップロード出来る方のみ。
    1. 管理サイトに追加にアドレスを入力し、[管理サイトに追加]ボタンを押します。
    2. もう1度[管理サイトに追加]ボタンを押して確定です。
    3. 「認証状況」の未認証をクリックします。
    4. [認証用のファイルダウンロード]ボタンを押しファイルをダウンロードします。
    5. ダウンロードしたファイルを自サイトのルートディレクトリにアップロードします。
    6. アップロードが終わったら、[認証開始]ボタンを押します。
    7. 以上です。認証開始から通常24時間以内に認証されます。

サイトエクスプローラーの機能

管理サイトトップ
インデックス状況、サイト認証(認証状況、認証日)、フィード、動的URL設定、 インデックス操作(非表示設定数)、「このサイトのブログでの言及数」などの概要が見れます。
インデックス状況
「ドメイン内のページ」、「被リンク元のページ」、「サブドメイン」ごとに見れます。
被リンク元のページ」で「このURLへのリンク」のところを「このサイトへのリンク」にするとTOPページ(左のURL)以外にリンクしているサイトがわかります。
知らない被リンクがあるかも~!?ちなみにスパム報告もできます。
サイト認証
サイト認証に関するページです。
認証が済んでいる場合は、「このサイトは認証済みです。」と表示されます。
フィード
フィードURLを指定して[送信]ボタンを押すと、フィードが送信されます。
また、送信したフィードURLはフィード一覧に追加されます。
フィード一覧に追加されたフィードを再送信することもできます。
(チェックして[再送信]ボタンを押す)
動的URL設定 (サイト認証が必要です。
URLに含まれるパラメータを非表示にしたりパラメータの値を固定したりできます。
これによりサイトのクロールがより効率的に行われるようになります。
インデックス操作 (サイト認証が必要です。
非表示設定されているページを確認できます。
なお、非表示設定は「インデックス状況」のページで行います。
ラジオボタンをクリックし、[検索結果で非表示]ボタンを押します。

注目すべきは、フィード送信です
Yahoo!のSEO(サーチエンジン最適化)になります。

サイトのフィードURLを、Yahoo!検索の検索エンジン用ロボットに送信しておくと、検索エンジン用ロボットは、通常の巡回方法よりも効率的にサイトを巡回できます。これにより、更新したページや新しいページなどが、より早くデータベースに登録されるようになります。

サイトエクスプローラー ヘルプより

フィード送信となってますが、サイトマップでも良いみたいです。
ただしrobots.txtにサイトマップのアドレスを書いてルートディレクトリにアップロードしなくてはいけません。ルートにアップロードできない方はフィードURLを使いましょう!

:: FC2ブログのフィードURL ::
アドレスのお尻に?xmlを足すだけでOKです。

例) 当ブログのフィードURL
http://miracleblues.blog46.fc2.com/?xml

:: FC2ブログのサイトマップ ::
アドレスのお尻にsitemaps.xmlを足すだけでOKです。

例) 当ブログのサイトマップ
http://miracleblues.blog46.fc2.com/sitemaps.xml

当ブログの場合、Google検索に比べYahoo!検索からのアクセスは少なめなので、これでアクセスアップに繋がればサイコーです
どれだけ効果があるかわからないですが、みなさんもYahoo!用SEO対策してみてくださ~い。

Comments

omoro : No title

私もこれは海外版しかない頃から使ってました!
日本対応になってくれてホント良かったって効果はわからないけど。
なんとなくやった感はでます。

YUU : 参考になりました

おかげでサイトマップのやり方がわかりました。
丁寧な情報をありがとうございます!

パペポ : どうもー!

>YUUさん
参考になったみたいで良かったです。
記事を書いた甲斐がありました^^

rotennburo : 参考になりました

サイトエクスプローラーについて、フィードの送信のところがよくわからなったのですが、こちらの記事はとてもわかりやすく説明されているので、とても参考になりました。ありがとうございました。

パペポ : No title

>rotennburoさん
お役にたてて良かったです!
わざわざコメントどうもありがとうございます^^

AKB48 : No title

まったくわかりません。
ダウンロードが出来ない場合とか、一般のブログの場合とかどの様にやるのか全くわかりません。
こちらのサイトは流れを説明しているだけで、認証されるとどうなのか、何が得なのか、メリット、デメリットの説明は全くないのではっきり言って無用なサイトです。

パペポ : No title

>AKB48さん
お力になれずどうもすみません。
メリットはSEO対策とサイトエクスプローラの各機能が使える事です。
デメリットは特に無いと思います。
ダウンロード出来ない場合は、メタタグの方で対処してはいかがでしょう。

暗黒の鬼神 : No title

う~ん・・・少なくとも自分にはこのYahooエクスプローラーの記事は簡潔に記されていて、とてもわかりやすいと思いますね。

公式ドキュメントにも詳しく、Yahooエクスプローラーの仕様がしっかりと記入されていますし、公式ドキュメントの方にしっかりと文章を読んで意味を自分で調べると、特に迷うような部分は無いかと・・・

Yahooエクスプローラー・・・もとい各Webmasterツールに登録するメリットは、各GoogleやYahoo現Bingなどの
検索エンジンにXML形式のサイトマップを送信して、サイトの内容を検索エンジンに対し
明示的に示すという役割を持っているので、要約するとサイト内のページをより効率よく検索エンジンにクロール(巡回)してもらうものですね。

この場合のSEOの観点ではPingとは仕様が違います。Pingに関してわからない場合はGoogleで検索して調べてみて下さい。Pingのブログ上での効果を言及するのならば、簡単に言うと「検索エンジンに対する自サイトの更新通知」と考えて下さい。

ブログを更新して、すぐに(1時間)で書いた記事が、Googleなどにインデックス(登録)されるのは、このPingがあってこそです。

>はっきり言って無用なサイト

無用かどうかは人の観点によって、様々だと思いますが、少なくとも自分にとってパペポさんのサイトは自分の好きな「お気に入りの有益なサイト」だと、自分は思っています。

例えA K B 48さんが「無用なサイト」と思っていても、その事を公式の場で書いてしまうと他の「パペポさんのサイトを気に入っている人」に対して、またはパペポさん自身に「不快な思い」を与えてしまうことをどうか考慮して下さい。Webはあなた一人だけのものではありません。

多くの方が気持ちよく利用できるようにするのも、サイト管理者、または利用者としてのネットマナーの内の一つだと思いますよ。

パペポ : No title

>暗黒の鬼神さん
詳しいご説明どうもありがとうございます。
とても為になる内容ですね。

私の記事は少し簡潔すぎたのかもしれません。
公式のヘルプを見てすぐわかる方もいらっしゃいますが、そうでない方もいらっしゃいますから。

やはり皆様にわかりやすく書くというのは難しいもんですね。
今後ブログ記事を書くときの大きな課題となりそうです。

コメントどうもありがとうございました。

Comment Form