Recent Entries

スポンサーサイト

[スポンサード リンク]


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Windows Aeroのオン/オフについて

[スポンサード リンク]


Windows AeroはWindows Vistaに搭載されたグラフィカルユーザーインターフェース(GUI)の名称です。特徴としては、3D表現が可能になり、ウインドウの枠が半透明(Aeroグラス)になります。とてもカッコイイです。

でも、Aeroを動作するには結構メモリをくう為、Windows Vistaの高速化するにはオフにしましょうとよく書かれています。
私は気になるほど重たさを感じていませんが、とりあえずやってみました

Windows Aeroをオフにする方法

  1. デスクトップで右クリックし、「個人設定」を選択します。
  2. 次に「ウインドウの色とデザイン」をクリックします。
    (ちなみにWindows Aeroをオフにせずにウィンドウ枠の半透明(Aeroグラス)だけを解除するには、「透明感を有効にする」のチェックを外すだけでOKです。)
  3. 1番下にある「詳細な色のオプションを設定するにはクラシック スタイルの[デザイン]プロパティを開きます」をクリックします。
  4. Aeroがオンの場合、配色の項目が「Windows Aero」になっていますので、それ以外の配色を選択し適用します。今回は「Windows Vista ベーシック」に設定しました。
    (他の配色はすごく古臭くなってしますので・・・)
  5. 「お待ちください」と表示されて画面が灰色になります。
    少し経つと選択した配色が適用されます。

これで、Windows Aeroがオフになりました。
クイック起動の「ウィンドウ スイチャ」ボタンを押しても、Windowsフリップ 3Dにはなりません。また、ウインドウ枠も半透明ではなくなります。(Aeroグラス:オフ)

さて、実際の動作ですが・・・
もともとストレスなく使っていたのでAeroオフ効果がよくわかりません
でも、メモリ節約効果は確かにあった模様です

タスクバーを右クリックして、タスクマネージャを開くとわかります
「プロセス」のイメージ名「dwm.exe」の使用メモリがかなり低下しています
dwn.exeは、デスクトップ ウィンドウ マネージャの事で、desktop window managerの頭文字からきているようです。

  • Aeroオン時 : 21,000k (21Mバイト)
  • Aeroオフ時 : 1,380k (1.83Mバイト)

19,620k(19.62Mバイト)の節約になったようです。
これだけ使用メモリが減っているのならば、浮いたメモリはどこかで使えるわけです。

結論でました。

「Windwos Aeroをオフにすると使用メモリが減ったよぉ」

私が言えるのはこれくらい。
高速になったかどうかはわかりしぇ~ん
Vista使っててよくフリーズしちゃうとかお悩みの方は試してみる価値ありです。

さて、ここで気になるWindows Vistaの高速化についてですが、「パソコンのスペックによってはWindows Aeroを有効にした方が速い」という話も聞きます。
Windows Aeroは、処理の負担をCPUとGPUが分け合うので結果としてCPUを多く使う処理が速くなる(高速化する)らしいです。ただし、Windows Aeroオン時はCPUの負荷は軽くなるけど、メモリの使用量が増えてしまいます。

このような理由から、メモリなどに余裕のあるパソコン(ハイスペック)の場合のみAeroをオンにした方が良いという事になるようです。
(メモリが少ない、グラフィックがオンボードだという方はAeroオフの方が良いらしい。)

なぁ~るへそ!
難しいけど、少しわかった気がしますね。
私のパソコンはたくさんメモリ搭載してないので、Windows Aeroはオフにしておくことになりました。

しっかし、Aero(エアロ)って書きづらい・・・22回目なのにまだ間違えます
単純にローマ字読みすると、アエロだからね~
アロエでもないからね~

Comments

omoro : No title

xpだからわかんないですけど、そもそもエアロ使います?
使用感が気になる~。
ポチ

: 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Comment Form