Recent Entries

スポンサーサイト

[スポンサード リンク]


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Windows フリップ 3Dって使いますか?

[スポンサード リンク]


Windows Vistaの新技術 Windows Aero を利用した Windows フリップ 3Dって意外に活躍の場がありませんね。
初めてWindows フリップ 3Dを見たときは衝撃を受けたもんですが、実用的でないのか結構忘れ去られています。
今回はそんな可哀想なWindows フリップ 3Dの使い方をご紹介します。

Windows フリップ 3Dは視覚的な奥行きを持つ空間を利用し、開いているウィンドウをひとめでわかるように表示します。そのため、多数の開いているファイルやプログラムを操作する場合にも、混乱を招くことがなくなります。

Microsoft Windows フリップとフリップ 3Dより

Windows フリップ 3Dの使い方

タスクバーのクイック起動にあるボタンを押せばOKです!
ウインドウを動かすには、Tabキーかマウスのスクロールボタンを使います。
Tabキー+Shiftキーで逆回りです。
お望みのウインドウをクリックするか、Enterボタンを押せばその画面に移動できます。

Windows フリップ 3Dのショートカットキー

ショートカットキーを覚えると少し使い勝手が良くなります。

方法1
Windowsキー+TabキーでWindows フリップ 3Dが起動します!
Windowsキーを押したまま、Tabキーを何度も押す事によってウインドウが順番に変わります。逆回りは、Windowsキー+Tabキー+Shiftキーです。
Windowsキーを離すと表示されていたウインドウに確定し移動します。

方法2
Windowsキー+Tabキー+Ctrlキーを押した場合は、Windowsキーを離してもWindows フリップ 3D画面のまま固定します。
(クイック起動にあるWindows フリップ 3Dボタンと同じ動作ですね。)

どちらかといえばWindowsキー+Tabキーの方がWindowsキーを離したところでウインドウが確定するので便利です。クリックする手間がないと結構使えるかもしれませんよ。

ちなみにウインドウで動画を再生したままWindows フリップ 3Dを起動するとどうなるか知ってますか?正解はそのまま動画が再生されます
やっぱりすごいなぁ~と思いました。

あとAltキー+Tabキーを押すと、3DではないWindows フリップです。
+Ctrlキーで表示されたままになり、+Shiftキーで逆回りになります。
こちらもサムネイルがつくのでページ内容を確認しやすいですよ。
というよりこちらの機能だけで十分です

Windows フリップ 3Dの使い方をダラダラとご紹介してきましたが、使い道については自分のPCライフに合わせて発掘していきましょう!
私の場合、色んなブラウザを1度に起動している時なんかに使ってます。
タブやらウインドウやらで頭がパニックなっちゃいますが…

Windows フリップ 3D機能をWindows XPで再現するフリーソフトなんかもあるようです。

窓の杜 Windows Vistaの“フリップ 3D”機能をWindows XPで再現する

ですが、無理やり導入するほど便利ではないのでお好みで
Windows フリップ 3Dの事について少しでも参考になれば幸いです。

Comments

Comment Form