Recent Entries

スポンサーサイト

[スポンサード リンク]


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Yahoo!検索フル活用[3]

[スポンサード リンク]


Yahoo!検索フル活用も3回目の記事になります。
これでYahoo!検索をフル活用できるでしょう
今回の記事は、正確にいうとYahoo!検索フル活用ではなく、Yahoo!翻訳フル活用になってしまいますが、翻訳してから検索するのでOKということで。。
Yahoo!翻訳 URL : http://honyaku.yahoo.co.jp/search

翻訳検索

ドラ○もんの翻訳こんにゃくをYahoo!検索ロボットに食べさせたような機能です。
翻訳検索は、検索窓に入力したキーワードを任意の言語に翻訳し、翻訳したキーワードでウェブ検索ができる機能です。検索結果も翻訳して表示してくれます。
多言語を知らなくても世界中のWebサイトが楽しめるかも!?

  1. 検索キーワードを入力します。
  2. 検索キーワードを何語から何語に翻訳するか選択します。
    「日⇒英」、「日⇒中」、「日⇒韓」、「英⇒日」、「中⇒日」、「韓⇒日」から選びます。
  3. 検索結果の表示方法を「原文と訳文」と「訳文のみ」から選びます。
    「訳文のみ」の方がスッキリしていて良いと思いますが、翻訳ミスの箇所がわけわからなくなります。
  4. 翻訳して検索」ボタンを押します。
  5. 検索結果をクリックすると、Yahoo!翻訳が翻訳を始め、終わると翻訳されたページが表示されます。

例)日本人と入力し、「日⇒英」を選んで、「翻訳して検索」ボタンをクリック!

日本人Japanese に翻訳して、Yahoo!検索で検索した結果を表示しています。」

と表示され、JapaneseをキーワードとしたWebサイトを検索結果に表示します。

あとは翻訳されたタイトルを元に検索結果をクリックし、希望のWebサイトへGO

これがYahoo!翻訳の機能です。
翻訳精度は完璧ではないと思いますが、なかなか良いサービスですね。

さらにYahoo!翻訳のページでは、通常の翻訳サービスも行っています。

テキスト翻訳

原文ボックスに翻訳したい文章をコピー&ペーストなどして入力します。
原文の文字数は半角4000文字/全角2000文字までです。
また、翻訳可能な言語はYahoo!翻訳と同じです。

ウェブ翻訳

翻訳したいWebサイトのURLを入力して、翻訳言語を選び、「翻訳」ボタンをクリックするだけで翻訳されたページが表示されます。
これで英語サイトも怖くなーい!

文字量の多いWebサイトでは、翻訳結果が表示されるまでに結構時間がかかる場合があります。その時は何もしないで翻訳されるのを待ちましょう!
翻訳結果を「原文と訳文」にして、原文と訳文を見比べていたら、英語とかの勉強になりそうです。結構楽しいのでジャンジャン使ってみてください

FC2 Blog Ranking

Comments

Comment Form