Recent Entries

スポンサーサイト

[スポンサード リンク]


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Yahoo!検索フル活用[2]

[スポンサード リンク]


Yahoo!検索のページでは、便利な検索設定ができます。
検索オプションは毎回設定しなければなりませんが、こちらはコンピュータに設定を保存できますので利用価値大です。

Yahoo!検索 : http://search.yahoo.co.jp/

検索設定

「設定を保存」ボタンを押せば、設定はコンピュータに保存されます。

入力補助

Yahoo!検索ページでキーワード入力補助機能を常に利用する事ができます。
キーワード入力補助機能とは検索窓にキーワードの一部を入力すると、検索キーワードの候補として、「関連検索ワード」が自動的に表示される機能です。
インクリメンタルサーチといいます。Googleサジェストと同じです。
ブラウザによっては使えない物があるかもです。(Operaなど)

別ウィンドウ表示

検索結果をクリックしたときに別ウィンドウで表示します。
タブブラウザの場合、各ブラウザによってタブで開いたり、新規ウインドウだったりします。

Yahoo!カテゴリリンク情報表示

検索キーワードに関連性の高い「Yahoo!カテゴリ」のカテゴリ名が表示されます。
クリックするとそのカテゴリに属するサイトが一覧できます。また、[すべて表示]をクリックすると、該当するYahoo!カテゴリをすべて表示できます。

サイト内検索リンク表示

検索対象をサイト(ドメイン)に絞り込んで検索できるリンクが表示されます。
このサイト内で検索」というリンクが説明文の最後に表示されます。

クロール日表示

ウェブ検索のクローラーがそのページを巡回した日を表示します。
「このサイト内で検索」リンクの左に表示されます。
自分のサイトを見れば「クロール日」がわかりますね。

ページサイズ表示

ページサイズ(容量)がわかります。
「クロール日」の左に表示されます。やたらと重いサイトを回避できます。

RSS情報表示

説明文のすぐ下に「RSS:XMLを見る-My Yahoo!に追加」というリンクが表示されます。
「XMLを見る」は、そのサイトのRSSを購読できます。
「My Yahoo!に追加」はYahoo!JAPAN IDがあれば登録できます。

Myブックマーク情報表示

Yahoo!ブックマークに登録したサイト情報の表示は、Yahoo!ブックマークの「Yahoo!検索の設定」からだそうです。こちらもYahoo!JAPAN IDが必要。

表示件数

表示件数とは検索を行った際に表示される検索結果の表示件数です。
「10件」、「15件」、「20件」、「30件」、「40件」、「100件」から選べます。
検索オプションにもありましたが、こちらはコンピュータ設定を保存可能です。

文字サイズ

「小」、「中」、「大」から選べます。
設定はご使用のブラウザごとに保存されます。

アダルトフィルタ

検索結果において、成人向けデータの表示を制限する機能です。
「高」、「中」、「低」のレベルの中から選びます。
※アダルトフィルタのレベルを「低」にするには18歳以上の方のログインが必要になります。

チャイルドロック

「チャイルドロックをする」にチェックを入れると次のようになります。

  • Yahoo! JAPAN IDでログインしていない状態のとき、自動的にアダルトフィルタのレベルが「高」に設定されます。
  • 18歳未満の方がログインするとき、自動的にアダルトフィルタのレベルが「高」に設定されます。

※チャイルドロックの設定・解除は18歳以上の方のログインが必要になります。

対象とする言語

検索の対象となる言語の設定を行うと、特定の言語のページだけを検索することができます。

表記のゆれ

日本語表記のゆれを含めて検索するかどうかを 「ゆれを含める」、 「ゆれを含めない」から選択します。
ちなみに「ゆれを含める」に設定しても、ゆれを含めずに検索する方法があります。
検索窓のキーワードを"(半角のダブルクォーテーション)で囲んで入力するか、キーワードの前に+(半角のプラス記号)を入力します。

全ての設定が終了したら、「設定を保存」ボタンを押します。
マークはお勧めの設定です。
検索オプションでも述べましたが「表示件数」は多い方が便利です。表示件数を多くして、ページの表示速度が遅くなるようだったら、設定しなおしましょう。
(たぶん大丈夫だとは思いますが…)

次回、Yahoo!検索フル活用[3]では、翻訳検索について探ってみます。
これでYahoo!検索フル活用は最終回です

FC2 Blog Ranking

Comments

亀吉 : お知恵を拝借

パペポさん、こんにちは。
最新3件の記事もとても役に立ちました。いつもどうも有難うございます。
ときに、IE7からこのコメント欄を開くと必ずエラー(操作は中断されました)が出るのですが、私の側に何か問題があるのでしょうか?接続の問題を診断で毎度毎度エラーレポートを送信しても、いっこうに解決できないようで、マイクロソフトの不手際(なのでしょうか?)に不満が募ります。→このコメントはFirefoxから投稿しております。前回の投稿はSafariからでした。何故IE7ではエラーが出るのでしょうねv-12????
ときに、別ウインドウ表示設定をして、リンク先をクリックすると、確かに別ウインドウで開けるのですが、新たに開いたウインドウが最大表示で開いてくれません。こちらのページのカレンダー位のサイズの小窓で開いてしまい、いちいち右上端の最大化アイコンをクリックしなければならず不便を感じます。
そこで、お知恵を拝借です。新規ウインドウを最初から最大化した状態で開くにはどこをどうすれば良いのでしょうか?何か、一方的に押し掛け弟子になってしまったようで恐縮ながら、ご教示頂けますと幸いです。

パペポ : 私のブログのエラーです。

亀吉さん、こんばんわ。
IE7のエラー報告とてもありがたいです。
私のIE7でも同じ症状が出ました。亀吉さん側の設定ではありません。
普段IE7を使っていないので今まで気づきませんでした。
ご迷惑をおかけして申し訳ありません。
原因はちょっと難しそうで直るかわかりませんが、テンプレートを色々といじってみます。直りましたらご報告させていただきますね。
さて、別ウィンドウ表示の最大化の件です。
1.リンク先をクリックして別ウインドウを開く。(最大表示していない)
2.元のウインドウを閉じる。
3.1のウインドウがデスクトップにある状態でタスクバーを右クリックします。
4.「ウインドウを上下に並べて表示」をクリックします。
5.最後にウインドウの右上の×を押して閉じます。
たぶんこの作業で出来ると思います。
4.の動作は、ご自分でウインドウを広げてもOKだと思いますが、最大化ボタンを押すと出来ないかもしれません。
それと、新規ウインドウをバシバシ開くと動作が遅くなります。
IE7でも「インターネットオプション」でタブで開く設定ができますので、ご利用してみてはいかがでしょうか。
今回は誠にありがとうございました。
ほんと助かります。では、またv-22

亀吉 : 有難うございます

パペポさん、どうも有難うございました。
ご教示の通りに操作したところ、新規ウインドウも大きく開くことができました。
IE7はタブブラウジングができるように改善された点は、Firefoxをかなり意識したようですね。それでも、拡張性やカスタマイズに於いてはFirefoxに一日の長があるようにも感じます。
一方で、まだまだFirefoxにも改善すべき余地が多々残されているようで、メジャーなりの利点もあるIE7をさらに便利に使いこなす方法を学んでいきたいと思います。
また、通わせて頂きますので、今後もよろしくお願いします。

Comment Form