Recent Entries

スポンサーサイト

[スポンサード リンク]


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Safari3.1のRSSリーダー 使ってますか?

[スポンサード リンク]


まずはじめに、RSSリーダーをご存じですか?
RSSリーダーは、ニュースサイトやブログなどの配信する更新情報を取得するアプリケーションです。正確にはFeed Readerと呼ぶようですが、RSSリーダーの方が馴染んでいるので今回はこちらで統一します。

Wikipedia : Feed Reader(フィードリーダー)

RSSリーダーは色々なサイトの新着情報を簡単にチェック出来るのでとても便利です。
種類も豊富で、選びたい放題です。(検索サイトでRSSで検索してみましょう)
最近のブラウザでは標準でRSS機能が付いているものやプラグイン・拡張機能を使い利用できるようになるものも多いです。
当然あるべき機能として認知されはじめたということでしょう。

しかし、RSSリーダーは色々なサイトの記事などをチェックしないユーザーにとっては、まったく必要のない機能のような気がします。
また、新着記事は確認できても、サイトのデザインなどは楽しむことができませんし。
私もお気に入りのニュースサイトがなかった頃はRSSリーダーの存在は知っていても、まったく使っていませんでした。

さて、前ふりが長くなりましたが、今回はSafari3.1のRSS機能についての話です。
最近よく使っています。個人的に使い勝手が大変気に入ってます。

Safari3.1では、サイト内、または、Safari3.1のアドレスバーのRSSボタンをクリックして記事を表示した後、そのRSSページをブックマークして購読します。 その後、ブックマークを普通のサイトのようにクリックすれば、すぐそのウィンドウにRSSの記事が表示されます。

  • 画面上部のブックマークバーにサイトを登録するとアクセスが簡単です。
    (フォルダ分けすると尚良し。フォルダ内のRSS全てを一度に表示することも可能です。)
  • 表示」-「ツールバーをカスタマイズ」で「テキストサイズ」ボタンをツールバーにドラッグ&ドロップで追加すると、文字のサイズを自由に変えられるのでRSS記事がとても見やすくなります。
    (Safari3.1のフォントはアウトラインフォントなので、文字サイズを変化させても可読性はまったく落ちないので安心です。)
  • 表示する「記事の長さ」もスライドバー形式で簡単に変える事ができます。
    全文を読む」をクリックすれば、そのサイトに行くことも簡単です。

ここまでは普通のRSSリーダーと変わりません。
Safari3.1のRSS機能で一番いいと思ったのは、

「通常のサイト訪問時に、そのサイトのRSSの購読を登録することなくRSS記事のみを確認することもできるし、通常のサイトに戻ることも簡単に出来る」

というところです。

RSSを配信しているサイトに行くと、アドレスバーの右端に青いRSSボタンがでます。
そのボタンを押すとすぐにRSS記事を確認できます。
もう一度同じRSSボタン(チョット変化する)を押すと、元のページにすぐ戻ります。

こんな時に便利かも!? たとえば、ブログを見てたらその記事以外にどんな記事が書かれているか気になった。
でも、ページには記事がひとつしか表示されておらず、「次へ」とか「戻る」とか押していかなきゃならない。めんどくせ~
じゃぁ、Safari3.1のアドレスバーにあるRSSボタン押してみよ。
うんうん、他にもなかなかいい記事書いてるな。
ではでは、このブログ、RSSリーダーに登録しましょう!みたいな

どうでしょう?
他にもたくさんRSSリーダーがありますし、使い方次第では便利なものもあるので手を出してみると面白いかもしれませんよ。
現在使っているブラウザで確認したら、Internet Explorer7ではタイトルのみ確認でき、Opera9.27では購読登録が必要でした。
では、また。

FC2 Blog Ranking

Comments

亜由 : No title

難しいですね、、、
でも参考になりました(^^♪

Comment Form