Recent Entries

スポンサーサイト

[スポンサード リンク]


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

言語バーについて

[スポンサード リンク]


言語バーって突然消える事がありませんか?
特に何もしていなくても、ふと気づくとどこかに隠れてしまっているんです。
言語バーのかくれんぼに付き合っている暇のない方の為に、表示の設定を書き留めておきます。

言語バーっていうのはこのツールバーの事です。(Microsoft IME)

言語バー
Maicrosoft社のIME(Input Method Editor)のツールバーです。日本語などの入力を支援するシステムです。
この言語バーがないと不便ですよね。

言語バーが消えた場合の対処法

  1. 「コントロールパネル」-「時計、言語、および地域」-「地域と言語のオプション」を開きます。
  2. 「キーボードと言語」のタブをクリックし、「キーボードの変更」をクリックします。
  3. テキスト サービスと入力言語ダイアログの「言語バー」タブをクリックします。
  4. 次に言語バーの欄が「表示しない」になっていたら、「デスクトップ上でフロート表示する」、もしくは「タスクバーに固定する」を選択します。
    (OKを押さずに適用を押せば、表示方法の違いがその都度確認できます。)
  5. 最後にOKを押すとデスクトップ右下に言語バーが表示されます。以上

言語バーを使いやすくする

テキスト サービスと入力言語ダイアログの「言語バー」タブでは、他にもいくつか言語バーの設定が出来ます。

言語バーがアクティブでないときに透明で表示する

言語バーが半透明になります。アクティブでない時とは、日本語入力システムを使ってない状態ではなく、単純にカーソルが言語バーの上にない状態のことです。

言語バー アイコンをタスクバーで表示する(初期設定-チェック済み)

このチェックを外すと言語バーをタスクバーに格納(最小化)した時に、Microsoft Office IMEの赤いアイコンと入力モードアイコン(Aやあなど)以外のアイコンが表示されなくなります。
言語バーをタスクバーの外に出せば、元の言語バーに戻ります。
場所をとらず、かなり実用的です。

言語バー アイコンをタスクバーで表示する

※IMEの赤いアイコンを押して、「言語バーの表示」をクリックするか、言語バー上で右クリック、「言語バーの復元」でタスクバーの外に出ます。

言語バーのテキスト ラベルを表示する

4倍近く長くなります。わかりやすいけど邪魔です。
最小化(言語バーの右上のボタン)した場合は通常時と同じです。
クリックで実寸大表示します

日本語入力システムには、他にジャストシステムのATOKというものもあります。
これは同社の一太郎という日本語ワープロソフトなどに付属するかな漢字変換ソフトウェアです。また、単体でも販売しているようです。

ATOKがインストールされている人は、テキスト サービスと入力言語ダイアログの「全般」タブのインストールされているサービスにATOKがあると思います。
「既定の言語」のリストで、ATOKを選択すると使えるようになります。

標準装備のmicrosoft IMEで十分だとは思いますが、ATOKをインストールする機会があれば使ってみましょう。

日経パソコンオンライン : ATOKとIME、賢いのはどちら?

FC2 Blog Ranking

Comments

Comment Form