Recent Entries

スポンサーサイト

[スポンサード リンク]


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CLCLでクリップボードを有効活用!

[スポンサード リンク]


パソコンを使ってて文字列や画像のコピーをした事がない方はいないと思います。
コピーした内容はクリップボードに登録され、ソフトの違いを意識する事なく貼りつける事が出来ます。
でも、再び違うものをコピーするとひとつ前のクリップボードの内容は消えてしまいます。

もしも古いクリップボードの内容も自由に使えたら便利だと思いませんか?
CLCL(クルクル)はクリップボードの履歴をとる事によって、古いクリップボードの内容をいつでも簡単に貼り付けられるようにしてくれます。文字列でも画像でもクリップボードにコピー出来るものなら何でもOKです!また、レジストリを使ってないのでアンインストールもとても簡単です。

CLCL(クルクル)の使い方

まずはCLCLをダウンロードしましょう!
ダウンロード CLCLのダウンロードはこちら。
CLCL(Japanese version)
[動作OS : Windows95, 98, Me, NT4.0, 2000, XP, Vista]

CLCLを起動すると、タスクバーの通知領域にクリップのアイコンが表示されます。
コピーしたアイテムの管理や貼り付け、オプション設置なども全てこのクリップアイコンから行います。
※CLCLの初回起動時に、CLCLフォルダ内にユーザ名のフォルダが作成されます。

クリップボードにコピーしてみよう!

とりあえずクリップボードに何かコピーしてみましょう!
下記文字列を文字列を選択して、右クリックメニュー「コピー」を選択!(Ctrl + CでもOK!)

Health is better than wealth
http://miracleblues.blog46.fc2.com/

次にクリップアイコンを右クリックしてみましょう!
さきほどクリップボードにコピーした文字列が履歴として残っているのがわかると思います。

CLCLのクリップボード履歴です。

コピーしたアイテムが表示されていますね。
このアイテムをクリックする事によって任意の場所に貼り付ける事ができます。
クリップアイコンの右クリックが面倒な方は[Alt + C]で履歴リストが表示できます。
基本的にこれだけ覚えておけばでCLCLが使えます。

CLCLビューア

クリップアイコンを左クリックすると、CLCLウィンドウが開きます。

CLCLのビューアです。

このウィンドウではクリップボードにコピーしたアイテムの詳しい履歴情報がみれます。
また、良く使うアイテムを登録することも出来ます!

  • クリップボード

    クリップボード内の情報が表示されます。
    コピーした内容によって変化します。

    • TEXT : テキスト形式
    • LOCALE : テキストデータのロケールIDハンドル
    • OEM TEXT : OEM文字セットを含むテキスト形式
    • UNICODE TEXT : Unicodeのテキスト形式
  • 履歴
    • クリップボードにコピーしたアイテムの履歴です。
      アイコンによってテキストなのか画像なのかがすぐわかります。
      アイテムの削除なども出来ます。
  • 登録アイテム
    • CLCLに登録されたアイテムリスト。
      CLCLにアイテムを登録する事によって簡単に貼り付ける事ができます。
  • 登録アイテムの登録方法

    ビューアの登録アイテムを右クリック「新規作成」から出来ます。(Ctrl + N)

    1. まず追加する形式を選択し[OK]をクリック。(TEXT、BITMAPなど)
    2. ビューアの登録アイテムアイテムが追加されているので右ペインに直接追加する文字列を入力します。

    画像などのファイルを登録する時は、追加する形式の時に[ファイルを読み込む]にチェックをして読み込みたいファイルを参照して追加します。

    履歴リストにあるアイテムを登録アイテムに追加するのは簡単です。
    履歴リストにあるアイテム上で右クリック[登録アイテムに追加]を選択して登録するフォルダを選択するだけ。(アイテム選択 - Ctrl + RでもOK!)
    たくさん登録する方は登録アイテム内にフォルダを作って分けると探しやすいです。
    (登録アイテム - [フォルダの作成])

    CLCL(クルクル)のオプション設定

    履歴、メニュー、ビューア、動作、形式、フィルタ、ウィンドウ、キー、ツールなど細かく設定できます。全ての項目は説明しません。自分が弄ったところだけ書いてみます。

    CLCLのオプション画面です。

    履歴

    履歴に関する設定です。

    • 全てのユーザーで共通の設定をする
      全ユーザーに共通で設定をするかしないか。
    • 履歴に残す件数
      あまり多すぎでも邪魔です。上限は…?
    • 終了時に履歴を保存
      ビューア上で登録アイテムに変更を加えた時の設定。
    • 履歴をクリップボードに送ると削除
      削除されません・・・。Vistaだからかな。
    • 登録アイテムは履歴に残さない
      ちゃんと登録アイテムの項目があるので残さない方がよいでしょう。
    • 履歴の重複チェック
      「チェックしない」以外にした方がいいと思います。
    メニュー

    タスクトレイのクリップアイコン右クリックの履歴リストに関する設定です。
    ビューアの履歴リストではないようです。
    メニュー = 履歴リストとして書いてます。

    • アイコンを表示する
      履歴リストの頭にアイコンを付けるかどうか。
    • 画像を表示する
      32x32程度では小さすぎて見えないが、デカすぎても邪魔。
      よって、画像は表示する意味がない。
    • メニューを右クリックするとツールメニューを出す
      履歴リストのアイテムを右クリックするとツールが使えます。 ※ツーツについては後ほど。
    • メニューテキストの表示形式
      &%1d. %t
      %1dが「1.、2.…」で、%tがテキスト。
      %1dが無い方がスッキリします。(&%t)
    • メニューの最大幅
      履歴リストの幅の設定。ピクセル単位
    ビューア

    ビューアに関する設定です。
    ビューアを起動するには、タスクトレイのクリップアイコンを左クリック。
    もしくは右クリックして「ビューア」を選択。

    • 表示をトグルする
      タスクバーの通知領域にあるアイコンをクリックする毎にビューアの表示/非表示の切り替えができる。
      チェック無し:アイコンをクリックした時にビューアが表示したままになる。
    • クリップボードを展開して表示する
      たぶん必要ないので閉じておきましょう。(チェックをはずす。)
    • 履歴を展開して表示する
      逆にこちらは閉じておくと二度手間になりますのでオープン(チェックする。)
    • 登録アイテムを展開して表示する
      こちらはアイテムの登録数に応じてですね。
    • ツリーの表示項目と表示順
      順番を変更するなら、一度[<<]で消去し再び[>>]で登録しなおします。
    動作

    タスクトレイのクリップアイコンをクリックした時の動作やメニューを呼び出すホットキーの設定です。
    CLCL標準のものは覚えておくと便利です。
    追加、削除、編集ができます。

    • ビューア : タスクトレイ左クリック
    • メニュー : タスクトレイ右クリック
    • メニュー : Alt + C
    • メニュー : Alt + T
    形式

    CLCLに登録されているクリップボードの形式です。

    フィルタ

    クリップボードの形式に関するフィルタです。
    他のクリップボードの形式も履歴に残すには、「すべての形式を履歴に追加」を選択します。[すべての形式を履歴から除外]にして[追加]ボタンで各形式をひとつずつ追加する事もできます。

    ウィンドウ

    ウィンドウ毎にCLCLの設定を変える事ができます。
    [追加]ボタンをクリックし、ウィンドウを選択。タイトルを付ける。
    詳しくはCLCLのreadme.txtをご覧ください。

    キー

    貼り付けのキーがCtrl + vでないウィンドウなどでもCLCLが使えるようにする為の設定です。 詳しくはCLCLのreadme.txtをご覧ください。

    ツール

    CLCLのツール(プラグイン)の追加、編集、削除ができます。
    履歴や登録アイテムのデータを加工したり、CLCLの機能を拡張できます。

    プラグインのインストール

    CLCLのダウンンロードページからプラグインをダウンロードします。(.dll)
    オプションの「ツール」で[追加]をクリック。
    DLLの項目の[参照]ボタンからダウンロードした.dllファイルを選択して[OK]で簡単に追加できます。

    ツールの使い方
    • ビューアの上部メニューの[ツール]を選択。
    • ビューアの履歴リストを右クリック「ツール」を選択。
    • クリップアイコン右クリックし履歴リストの上で右クリックする。
    お勧めプラグイン
    • tool_utl Ver 0.0.1 : すべての履歴を一気に削除できます。(履歴のクリア)
    • tool_bitmap Ver 0.0.1 : 履歴の画像をペイントに送って編集できます。

    CLCLのreadme.txtはとても丁寧に書かれていますので一読すべきです。
    また、動作OSにWindows Vistaは入ってませんが一応使えてます。
    ただ、所々に細かいエラーはあるかもしれません。(一般機能への支障はないと思います。)

    ブログなどを書かれている方は、コピーしたテキストを何度も使いたい時が多いと思います。
    そんな時にクリップボードの履歴があるととても便利ですよ。
    また、ブログ記事の一時的なバックアップなんかにも有効です。

    さらに登録アイテムをうまく使えばよく使う言葉などの入力を省略出来て楽チンです!
    CLCLでクリップボードを有効活用しましょーう!

Comments

幸之介 : 「表示をトグルする」

XPで使用してみましたが、「表示をトグルする」が何のことかわかりませんでした。
配布サイトにも説明はないし、ぐぐってもまったく情報がありません。

いったい、「表示をトグルする」は何を実現する設定なのでしょうか。
ご存知の方にはぜひこ教えていただきたいものです。

パペポ : もしかしたら

>幸之介さん
改めて実験してみましたが、タスクバーの通知領域にあるアイコンをクリックした時にビューアが表示したままになるか、クリックごとに表示/非表示の切り替えがなされるかの違いではないでしょうか。
もし幸之介さんのところでも同じような動作なら記事に追記します。
レスよろしくお願いいたします。

幸之介 : 「表示をトグルする」

検証ありがとうございます。
わたしのXP環境でも同様の動作になりました。
「トグル」のIT用語的な意味にも一致しますね。

アイコンクリックではなくショートカットで活用していることもあって(?)、
わたしなら間違いなくずっと気付けないままでした。恐れ入りました。

わたしと同じようにぐぐってここにたどり着く方も今後いらっしゃると思います。
ありがとうございました。

パペポ : >「表示をトグルする」

>幸之介さん
レスありがとうございます。
さっそく記事に追記させていただきます。
こちらも改めて検証することによって知識が深まりました。
どうもありがとうございます^^

通りすがり : No title

どうも。昨今クルクル使い始めたモンです。何で今まで使わなかったんだろう?

オプションの説明に
■履歴をクリップボードに送ると削除
 削除されません・・・。Vistaだからかな。
とありますが、XPでも削除されませんよ。

自分は履歴は1回使い終わると削除しているので、この機能が使えれば便利なんですがね・・・

: 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

: 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

: 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Comment Form