Recent Entries

スポンサーサイト

[スポンサード リンク]


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Google の同義語システム

[スポンサード リンク]


みなさん、Googleで毎日検索してますかぁー?
私はほぼ毎日何かを求めてGoogle検索してます。エブリデイググルです。

検索する時に略語で検索するか正式名称で検索するか迷う時があります。
何故かと言えば、検索結果ってブログやWebサイトに書かれている文字によるから。
でも、GoogleブログによるとGoogle検索は略語でも正式名称でも同じ意味の言葉は同じものだと理解しているとの事。なーんだ、悩む必要はなかったんだ。

Google Japan Blog: Google Earth? それともグーグルアース?

このGoogle の同義語システムって凄くイイですね。

さらに、日本語では重要な「字種違い」にも対応しています。日本語にはひらがな、カタカナ、漢字、アルファベットと、いろいろな字種があります。なので、同じ単語でも「さくら」「サクラ」「桜」、「グーグル」「Google」といろいろな書き方があります。Google はこれらが同じ単語だと知っているので、検索するときに [Google Earth] ? [グーグルアース] ? と悩む必要はありません。

この記事読むと「日本語は難しい!」ってのがよくわかりますね。
その日本語をGoogle検索は学習して吸収しようとしているのだから大したもんです。
今後は検索する時に略語にしようか正式名称にしようかまったく迷う必要がなくなる日がくればいいですね。
また、SEO的な観点からいっても略語も正式名称もキーワードとして変わらないとなれば、ブログ記事などを書く際のキーワード選びの悩みが減るかも!?
(正式名称の方がいいと思うけど…。)

さてこの便利な同義語システムですが良くない部分もあります。
それは検索者の意図しないキーワードの検索結果が表示されてしまうという事。
例をあげると、日本語の「グーグル」と書かれた記事だけを検索したいのに正式名称の「Google」まで検索結果に出てしまうわけです。

でも、ご安心を。さすがGoogleです!
この問題もキーワードの頭に半角の + を足すだけで解消されます!

+グーグル

上記の例でいくとこれで日本語の「グーグル」と書かれた記事のみ検索結果に現れます。 「Google」とだけ書かれた記事ははじかれるはずです。
Google の同義語システムは、検索する人の意図を汲み取ってより良い検索結果を表示できるように今後も改良を続けていくそうですから期待大ですね!

ちなみにYahoo!にも同義語システムがあるようで、「ファミマ」と入れれば「ファミリーマート」の検索結果も出てきます。
でも、Yahoo!検索には逆に検索結果を絞る方法はないようですね。
同義語システムの精度が悪いうちは、こういったon/off出来る機能がないとキツイと思うんですけどねぇ…。

Comments

暗黒の鬼神 : No title

本当にこの同義語には助けられていますよね~(^O^)
自分も本当にいつも重宝させていただいています^^

自分のサイトでしたら「Sun Eternity」は自分のサイトの略称である
「サンエタ」と同義語と
認識されているようですね。サンエタと検索すると自分のサイトがトップに出てくるようになっています。本当に便利です^^

パペポ : No title

わぁーすごい!
ほんとにサンエタでトップだぁ。自他ともに認めるってやつですか。
私のサイトも略したいけど長すぎて・・・^^
ヘルベタにしようかな、でも、ヘビメタみたいでNGか(´∀`||)
いやぁさすがですねー!参りました。

: 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Comment Form