Recent Entries

スポンサーサイト

[スポンサード リンク]


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sidebar AutoHideでWindows サイドバーを自動で表示したり隠したり出来るよ!

[スポンサード リンク]


Windows サイドバーを表示していると、画面が狭くなるから嫌だ・・・
Widnows サイドバーを常に表示しないとサイドバー上のガジェットが見れない。
Windows サイドバーを常にウィンドウの上に表示しておくのも何だか違和感がある。

あぁーあ、簡単にサイドバーの表示/非表示切りかえ出来ないかなぁ!?

ムフフッ!簡単に出来ます。しかもサイドバーガジェットで!
Sidebar AutoHideというガジェットを使えば、カーソルを移動するだけでWindows サイドバーを表示したり、非表示にしたり出来ちゃいます

Sidebar AutoHide

ダウンロード Sidebar AutoHideのダウンロードはこちらから。
Windows Live Gallery :: Sidebar AutoHide

Sidebar AutoHideの使い方

Sidebar AutoHideの使い方はとっても簡単!
ガジェットをインストールしたら、「AUTO-HIDE」と書かれたところをクリックします。
すると、文字が緑色になります。これで準備OK!(最初からAUTO-HIDEになっています。)
すぐにWindows サイドバーが消えます。

慌てずにマウスカーソルを画面右端に持っていってみましょう!
あら、ビックリ!Windows サイドバーが現れたじゃあーりませんか!
これて使いたい時だけWindows サイドバーを表示する事が出来るようになりました。

Windows サイドバーを好きな時だけウィンドウの上に表示出来るってのはとてもありがたいですね~。

でも、今度は逆にマウスカーソルを離したときにすぐ消えてしまうのが煩わしいと思う時があるかもしれません。
その時は、「ON TOP」もしくは「DOCKED」をクリックします。
これだけでWindows サイドバーが常に表示されるようになります。

ONTOP : ウィンドウの上にWindows サイドバーを表示します。
DOCKED : 画面端にWindows サイドバーのスペースを作り、ウィンドウサイズを縮めます。 どちらも常に表示されます。お好みでどうぞ!

Windows Sidebar Stylerとの併用も出来ますが、Resizable Sidebar(サイドバーをリサイズする)だけは切らないとダメみたいです。
Windows Sidebar Stylerを使っている方はサイドバーを右クリックして、「Extentions」-「Resizable Sidebar」のチェックを外しましょう!
Windows Sidebar Stylerについては過去記事をご覧ください。

Windows Sidebar Stylerでサイドバーで遊んでみた。

サイドバーガジェットでサイドバーを操るなんでスゴイですねー!
しかも、Windows サイドバーの欠点を克服出来ちゃいました。
情報系のガジェットを使っている方にはもってこいのアイテムですね!

少し挙動が怪しい時もありますが、まぁ多めに見てあげましょう!
何かあったらサイドバー自体を再起動すれば良いと思います。
というわけで、便利なSidebar AutoHide 使ってみてくださーい!

Comments

Comment Form