Recent Entries

スポンサーサイト

[スポンサード リンク]


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログ記事を愛用のテキストエディタで書く方法

[スポンサード リンク]


ブログ記事を、どのようにして書いてます?
たぶんほとんどの方はブログサービスの「新しく記事を書く」ボタンを押して表示されたテキストエリアに文字を入力していると思います。

でも、突然Webブラウザが強制終了した場合は保存してない記事は無くなってしまいます。

Firefox3のクラッシュ

長文を書いていた時に消えると、もう一度最初から書くなんて面倒くさいしヤル気が出ません。
それに、その時に考えついた良い文章を後から思いだすのもかなり難しいです。
(FC2ブログには自動記事保存がありますが、一度保存した記事の再編集には対応してません。)

要するにWebブラウザ上でブログ記事を書いているのがダメなのです。
ローカルのテキストエディタを使っていれば、パソコン自体が強制終了しないかぎり安全です。
でも、いちいちテキストエディタを開いて記事を書き、その文章をコピーしてブログサービスのテキストエリアに貼り付けるなんてかなり面倒です。

というわけで、簡単にブログ記事を愛用のテキストエディタで書く方法をご紹介します。
必要なのはFirefox用 アドオンのIt's All Text!と使いなれたテキストエディタです。

ダウンロード ダウンロードはこちら。
It's All Text! :: Firefox Add-ons : It's All Text

It's All Text!を使ってブログ記事を愛用のテキストエディタで書く

FirefoxにIt's All Text!をインストールしてからお読みください。

  1. まずIt's All Text!に使うテキストエディタを設定します。
    ツール」-「アドオン」でIt's All Text!を選び、[設定]ボタンを押します。
  2. It's All Text設定ウィンドウが開くので、エディタという所の[参照]ボタンを押し、設定するテキストエディタの実行ファイルを選択してパスを入力します。
  3. 次に、「文字セット(既定:UTF-8)」の欄を、ブログサービスで使っている文字コードに書き換えます。
    (FC2ブログはEUC-JPです。)
  4. 編集ボタンが表示される位置を決めます。
    これはブログのテキストエリアに対する位置です。
  5. その他の設定はそのままでOKです。
    早速、ブログ記事を新規作成してましょう!
    記事を書くテキストエリアにフォーカスすると編集ボタンが指定した位置に表示されます。

    It's All Textの編集ボタン
    (初期設定 : 右下)
  6. 編集ボタンをクリックすると先程設定したテキストエディタが起動し、記事の内容もそのままの状態で表示されます。
  7. あとは、テキストエディタでガンガン記事を書いて上書き保存をすれば、ブログのテキストエリアに書いた記事が表示されるようになります。
    ※テキストエディタの文字コードも合わせる必要があります。

これで、もうブラウザの強制終了によってブログ記事を消去される心配がなくなりました。
でも、この方法で編集すると絵文字、画像の挿入などに難があります。

その時は、まず編集中のテキストエディタを上書きし、ブログのテキストエリアに編集中の記事を移します。
絵文字や画像などを挿入します。
その後にテキストエディタを閉じてから、再びIt's All Text!の編集ボタンをクリックします。
簡単に言うと途中まで書いた記事を保存しテキストエディタで開きなおすという事です。

これはWebブラウザの突然の終了から書きかけのブログ記事を守る為の方法です。
ですから、ローカルのテキストエディタは保険のようなものなので、何度開きなおしても良いというわけです。

画像を多用する方には向いてないかもしれませんが、記事が消えるよりはマシでしょう。
折角長い時間かけて書いたブログ記事がアッサリ消滅してしまった経験がある方は、その時の脱力感を思いだしてみて下さいね( ´З`)

あと、ブログのhtml編集やCSS編集のテキストエリアって狭いですよね?
愛用のテキストエディタを使えば作業がはかどりますよ。
テキストエディタならタグの検索とかも出来ますので!
(テキストエリアなら記事欄じゃなくても使えるんです~。)

It's All Text!でより良いブログライフを。
それでは、また。

Comments

Comment Form