Recent Entries

スポンサーサイト

[スポンサード リンク]


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Windows Vistaで古いヘルプファイルが開けない

[スポンサード リンク]


ひとつ前のエントリーにも関係するんですが、Windows Vistaで古いソフトのヘルプを開こうとするとエラーになって見れない事があります。
頼ろうと思ったヘルプに裏切られた感じです。
でも、悪いのはWindows Vistaなのでした・・・。

その場合、下の画像のようにWindows ヘルプとサポートというウィンドウが開きます。

Windows Vista ヘルプとサポート

「普段からヘルプなど見ない!」、「使って慣れろだ!」という方は特に気にならないかもしれませんが、高機能なソフトほどヘルプの存在が重要になってくると思います。

こういう場面に遭遇した時は、Windows Vista 用 Windows ヘルプ プログラム (WinHlp32.exe)をインストールすれば解決します。

Microsoft ダウンロードセンター : Windows Vista 用 WinHlp32.exe
(正規の Microsoft Windows を実行中の方のみ。)

Windows Vista 用 Windows ヘルプ プログラムをインストールする方法

これがWindows Vista 用 Windows ヘルプ プログラム (WinHlp32.exe)のインストール方法です。

  1. 上記リンクからMicrosoft ダウンロードセンターにアクセスし、[続行]ボタンをクリックします。
  2. 次に、開いたページの[プラグインのダウンロード]ボタンをクリックし、「WGAPluginInstall.exe」をデスクトップなどに保存します。
  3. WGAPluginInstall.exeをダブルクリックした後、ユーザーアカウント制御
    (UAC)を[続行]すると「正規 Windows 推奨 プログラム プラグイン インストーラ」が起動します。
  4. 「次へ」をクリックし、最後に「完了」をクリックしてインストール完了です。

ちなみにこれでも見れないヘルプファイルがあったら、お手上げです・・・。
そのソフトの使用方法は、使いまっくて覚えましょう(*´Д`)

どうせならこの手のプラグインは初めから入れといてほしいなぁ。
OS替えたからって、ソフトを全て新しくするわけではないんだから~(苦情)

Comments

Comment Form