Recent Entries

スポンサーサイト

[スポンサード リンク]


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アプリケーションを管理者として実行する(Vista)

[スポンサード リンク]


Windows Vistaは標準ではユーザーアカウント制御(UAC)が有効になってます。
その為、管理者としてログオンしてても普通の操作は標準ユーザーと同じ権限で実行されるみたいなんですよね。だから、管理者権限が必要なソフトウェアが正常に動作しないんだなぁ。
Windows Vistaに対応していれば、ユーザーアカウント制御(UAC)の許可確認が出るからOKなんだけど・・・。

インターネットには古いけど便利なフリーソフトがたくさんあります。
フリーソフトをインストールしたけれどWindows Vistaで動かなかった時などは、アプリケーションを管理者として実行してみましょう。まぁ、全てのソフトがうまく作動するわけではありませんが・・・。

というわけで、今回は、Windows Vistaでアプリケーションを管理者として実行する方法をご紹介します。もうすでにご存じの事と思いますが、一応書いておきます。

アプリケーションを管理者権限で実行する

アプリケーションを一時的に管理者権限で実行するには、アプリケーションの実行ファイル or ショートカットを右クリックして、メニューから「管理者として実行」を選べばOKです。

管理者として実行

ユーザーアカウント制御(UAC)の確認画面が出るので[続行]をクリックすれば、一時的に管理者権限で起動できます。

アプリケーションを常に管理者として実行する方法

また、アプリケーションを常に管理者として実行する方法もあります。
設定したいアプリケーションの実行ファイルを右クリックして、「プロパティ」を選択します。
プロパティのウィンドウにある「互換性」タブを選択して、特権レベルという項目の「管理者としてこのプログラムを実行する」にチェックを付けましょう。

管理者としてこのプログラムを実行する
(ショートカットのプロパティ)

これで、管理者権限がない為に起こる動作不良は解決できると思います。
ソフトウェアのインストール時に起こる不具合も、セットアップファイルを右クリックして、「管理者として実行」から実行すればうまくインストール出来る事もありますのでお試しください。

あと、プロパティの「互換性」タブにある「互換モード」の項目をいじるとうまく動くソフトもあります。「互換モードでこのプログラムを実行する」にチェックをつけ、リストからOSを選択します。
(Windows XP Service Pack 2でOKでしょう。)

この二つを覚えておけば、もしかしたらうまく動くようになるソフトもあるかもしれません。確実に動くという事を保証するものではありませんので、試してみるかぁぐらいの気持ちで行ってくださいね。

Comments

Comment Form