Recent Entries

スポンサーサイト

[スポンサード リンク]


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WinShotならマウスカーソルもキャプチャ出来ます。

[スポンサード リンク]


パソコンの画面をキャプチャする時に、マウスカーソルも入れたいのに写らないよぉー!って、もどかしい思いをした事ありませんか?
PrintScreen]キーでキャプチャをすると、マウスカーソルは写りません。
私もよくブログの記事にキャプチャ画像を載せてますので、最初の頃はよく同じ思いをした事がありんす。

そこで登場するのが、キャプチャソフト『WinShot』です!
WinShotは、パソコン画面上の様々な領域を簡単にキャプチャできる優れたフリーソフトです。
タイトルにある通り、マウスカーソルのキャプチャが出来ちゃいますよー!
それ以外にも時間差でキャプチャしたり、キャプチャ画像に文字を埋め込んだり、外部アプリと連動させたりと、使える機能が満載ですo(´∀`)o

また、WinShotはレジストリを変更しないそうなので、結構気軽に使えるんではないでしょうか。
Windows Vistaには正式に対応してませんが、今のところ普通に使えてます。
(多少、不具合はあります。Helpファイルが見れないとか・・・。)

WinShotを起動するとタスクトレイに常駐し、アイコンの右クリックメニューから様々な機能を使えます。
また、各機能には、ショートカットキーが割り当てられているので使い勝手も良好です。

WinShotのアイコン (このアイコンがタクトレイに表示されます。)

down.png WinShotのダウンロードはこちら。
WinShot

WinShotの使い方

WinShotの使い方はとても簡単です!
まずWinShotを起動して、タスクトレイのアイコンを右クリック!
右クリックメニューから「プレビュー表示」-「デスクトップ」を選択します。

するとプレビューウィンドウが開き、キャプチャした画像が表示されます。

WinShotのプレビューウィンドウ

プレビューウィンドウでは、キャプチャ画像を保存する前にトリミングやサイズ変更、ネガポジ反転、グレースケール、セピアなどの処理が出来ます。また、ミラーやプリップは選択範囲のみを上下左右を反転する機能まで付いてます。

さて、キャプチャ画像の処理が終わったら次は保存ですね。
保存形式は、「ビットマップ保存」、「JPEG保存」、「PNG保存」、「GIF保存」と揃っていますのでとても便利です。
これが、WinShotのキャプチャしてから保存するまでの流れです。

印刷
キャプチャ画像をいきなり印刷に持っていく項目です。
印刷ダイアログが開きます。

クリップボードにコピー
キャプチャ画像がクリップボードにキャプチャされるので、ペイントなどのソフトを開いて、貼り付けましょう。

ビットマップ保存」と「JPEG保存」というのもありますが、これは自動保存になりますので下の方に書いた「保存設定」を見てから行ってください。
指定されてる場所にフォルダが無いとエラーになるのでご注意ください。

WinShotのエラー

※もし、WinShotがエラーになってタスクトレイのアイコンが消えたにも関わらず起動中となってしまったら、タスクバーを右クリックし、タスクマネージャを開き、プロセスタブの中から「WinShot.exe」を選択し、[プロセスの終了]で強制的に終了しましょう。 自己責任でお願いしますねっ。

これらの右クリックメニューのサブメニューの説明です。
アクティブウインドウ
現在アクティブなウインドウをキャプチャします。

デスクトップ
画面全体をキャプチャします。

矩形範囲指定
自分で任意の矩形を選択してキャプチャ出来ます。
(「矩形範囲設定」で、指定方法を変更できます。)

矩形範囲選択

選択したい所の左上をクリックし、ウィンドウの内容を見ながら右下の所でもう一度クリックすると、矩形範囲が設定されます。
[+]、[-]でウィンドウを大きくしたり小さくしたりできます。
ドットサイズでの確認なので、正確なキャプチャが出来ますよ(゚∀゚)

コントロール/クライアント
自動的に赤枠が表示されてキャプチャ範囲を指定してくれます。
マウスカーソルを動かすと色んな範囲を指定してくれます。

定期実行キャプチャ
定期的にキャプチャを撮る設定が使わないなぁ。

クイック設定
環境設定のよく使いそうな機能のon、offを切り替えられます。

外部アプリケーション」、「保存先フォルダ
下の方にあるWinShotの環境設定を参考にしてください。

と、まぁ、こんな感じです。
多機能なキャプチャソフト『WinShot』ですが、使っていけばすぐ覚えます。
ショートカットキーなんかを使うともっと簡単にキャプチャ出来ます!
かなり使い勝手が良いので、キャプチャ好きの方にお勧めでーす(゜∀゜)

ここからは、WinShotの環境設定をダラダラと説明します。
Windows Vistaではヘルプが見れないので参考にどうぞ。


WinShotの環境設定

マークは私のお勧め機能です。

まず、タクストレイのアイコンを右クリックし、「環境設定」をクリックします。

WinShotの環境設定

基本設定

保存設定
ファイル自動保存の設定です。
自動保存機能を使いたい方は、必ず一番先にこの項目を設定しましょう。
設定されている保存先に該当するフォルダが無いと、落ちます・・・。
[追加]をクリックし、任意のフォルダを保存先に設定しましょう。


接頭語 : 保存ファイル名の頭にくる文字列です。
シーケンス桁数 : 接頭語の後につく連番の桁数です。
開始番号 : 0からでOKでしょう。
前回の番号を記憶 : 番号が前回の続きからふられます。
保存ファイル名を毎回指定する
自動保存する度、保存先フォルダを指定します。
せっかくの自動保存が台無しになります。
保存後に保存フォルダを開く
チェックを付けるとキャプチャ画像保存後に、キャプチャ画像を保存したフォルダが自動的に開きます。
マウスカーソルをキャプチャする
WinShotのお勧め機能です! チェックを付けると、マウスカーソルをキャプチャできるようになります。
ここのチェックを外していると、この記事の意味がなくなるのです・・・。

品質/減色

JPEG品質
JPEG形式で保存する時の品質設定です。
・プログレッシブJPEG形式で保存
プログレッシブJPEGとは 【progressive JPEG】 - 意味・解説 : IT用語辞典
お好みでどうぞ。
ネガポジ反転する
ネガポジは画像の輝度を反転させ、ネガフィルムのようにした効果の事。
演出で『ガーン(゚д゚lll)』って時に良く使われるアレです。

Yahoo!JAPANをネガポジすると・・・
ネガポジ画像

ペイントなんかでも、「色の反転」ってメニューで行えますよ。
白と黒を入れ替える
白と黒だけが反転します。それだけぇ!

白と黒を入れ替える

ついでに白黒錯視画像のご紹介。
Big Spanish Castle
真ん中のドッドを30秒見つめ、画像にマウスオーバーすると・・・。
グレースケール変換
白と黒の濃淡だけで画像を表現する方法です。
グレースケールとは 【gray scale】 - 意味・解説 : IT用語辞典

グレースケール

グレースケールの階調を256階調(16bit)、16階調(8bit)から選択出来ます。
256色、16色のビットマップはRLE圧縮する
256色、16色のビットマップだけRLE圧縮(ランレングス圧縮)します。
ランレングス圧縮(-・あっしゅく。Run Length Encording):RBB TODAY (ブロードバンド辞典)
単純な画像の場合だとファイルのサイズが小さくなるのかなぁ。
減色
減色のを設定です。
特別な理由が無い限り、減色しないでOKでしょう。

2色(ハーフトーン)
2色(ハーフトーン)
2色減色時にしきい値とする明るさ(1~254,初期値:128)
2色で表現する際に、その色を白と黒のどちらに入れましょうかっていう明るさの基準かな!?
ってかよくわかりましぇん。

ホット・キー

ホット・キー
WinShotの機能にはショートカットキーが割り振られています。
そのショートカットキー(ホット・キー)をお好みで変更できます。
ホット・キーの設定はファイルに保存出来、読み込む事も出来ます。
こだわりが無ければ初期値でOKだと思います。

というわけで、この設定は、『ほっときぃ~(*´д`*)』

印刷設定

印刷サイズ
用紙サイズに合わせるのか、画像サイズに合わせるのかの設定です。印刷はご自分で色々試してみないとわかりませんです。
画像垂直位置
キャプチャ画像の印刷位置の設定です。
画像水平位置
キャプチャ画像の印刷位置の設定です。
マージンを指定する
余白の設定です。
用紙の向きを画像の縦横サイズに合わせる
勝手に合わせてくれるのかしらね。
印刷時、印刷ダイアログを表示する
印刷時に、印刷ダイアログが表示されます。
コレはチェックしておいた方がよさそううね。
印刷サイズを毎回指定する
それもいいわね。
印刷時にリサイズ設定を無視する
何でしょう。この設定は。

ヘッダ印刷

ヘッダ印刷
ヘッダを印刷することが出来ます。
ヘッダは作成日や作成者などの情報が書き込まれるなどを書き込む設定です。
文書などの頭(上部)に来るので、ヘッダ(ヘッダー)。
ヘッダーの位置
ヘッダの横位置を変更できます。
(左寄せ、中寄せ、右寄せ)

その他の設定

トレイアイコンのダブルクリック動作
タスクトレイ(タスクバーの通知領域)のアイコンをダブルクリックした時の動作の設定です。
設定次第では、ダブルクリックだけで、スクリーンキャプチャ出来ます。
がでも、私は素直に「環境設定」です。
キャプチャ終了時、音を鳴らす(WAVファイルのみ)
キャプチャ終了後に音が鳴らせます。
通常は、音を鳴らす必要はありませんが、「時間差キャプチャ」を使用する時には便利かもしれません。
WAVファイルをGETしたい方は、過去記事を参考にしてね。
Windows Vistaのシステムサウンドを変更する!
プレビュー画面のサイズを画像のサイズに合わせる
プレビュー表示した時の設定です。
チェックを付けると、プレビュー表示した時に、ウインドウのサイズがキャプチャ画像のサイズと同じになります。
余分な部分がなくなるのでお勧めです!
キャプチャ時トレイアイコンを隠さない
通常、画面をキャプチャする時にはアイコンが一瞬消えますが、チェックを付けるとそれが無くなります。
自動保存時の拡張子
ビットマップは、.BMP。
JPEGは、.JPG。
ここを.pngに替えるとPNG画像として保存できるけど、これってアリかなぁ?
時間差キャプチャ
WinShotのお勧め機能です! キャプチャが実行されるまでの時間を設定出来ます。
チェックを付け、リストから数字を選び「○秒後」の設定をします。
ビットマップのDPI(初期値:96)
キャプチャ画像(ビットマップ)の解像度の設定です。
DPIは、dot per inchの略です。
詳細は、こちら ⇒ dpi - Wikipedia
非長方形なウィンドウに対応させる
どんなウインドウの事?
無反応でした。
拡張アクティブウィンドウキャプチャを有効にする
なんだがわからないけど、チェックしとけば良さそうだね。
コントロール/クライアントキャプチャの初期値をクライアントにする
初期値ってなんじゃぁ?
どこで切り替えるん?

リサイズ

キャプチャと同時にリサイズを行う
キャプチャ画像を撮り終わった時に、設定したサイズに自動的にリサイズしてくれます。
再サンプリング
リサイズ時に再サンプリングを行えば、拡大・縮小時のジャギーの発生を抑え滑らかな仕上がりにする事が出来るらしい。

Hermite(速いが画質は劣る)
Triangle
Bell
Michell
BSpline
Lanczos3 (遅いが画質は綺麗)

::ソフト違うけど、再サンプリングの参考ページ::
JTrim

外部アプリ

[追加]、[編集]、[削除]
右クリックメニューの「外部アプリケーション」に外部ソフトのリストを作れます。
まず、[追加]ボタンをクリックし、ダイアログに「表示項目名」を入力、コマンドラインにソフトの場所(パス)を入力すると登録されます。
ミニランチャーみたいなもんです。
プレビュー画面から実行した場合の画像
特にいじる必要はないと思います。
「プレビュー表示」画面のメニュー「外部アプリケーション」からソフトを起動した時に「最後に保存した画像」を表示させるのか「プレビュー中の画像」を表示させるのかの設定です。
一時保存形式
一時的に画像を保存する際の形式です。
(BMP、JPEG)
プレビュー機能を外部アプリに代替させる
WinShotのお勧め機能です!
チェックを付けて、フォトレタッチソフトなどのパスを登録しておけば「プレビュー表示」した時にそのソフトが立ち上がり、すぐにキャプチャ画像の編集が出来ます。

ちょっと余分な部分もキャプチャしちゃった時とか、後で処理しますよね?
キャプチャ画像を良く使う方は、作業が数段速くなるので試してみましょう!

単純処理ならペイントでもいいし、色んなレタッチしてから保存するならGimp2などを登録してみてはいかがでしょう。
mspaint : C:¥Windows¥System32¥mspaint.exe
外部アプリ実行時の画像は保存設定に従って保存する
チェックを付けると、外部アプリの保存形式に従います。

文字列埋め込み

キャプチャ画像に文字列を埋め込む
WinShotでは、キャプチャ画像に文字列を埋め込む事ができます。
[フォント]ボタンを押せば、文字の種類やスタイル、サイズが選べます。
フォント色
フォントの色を選択できます。
背景色で塗りつぶす
選択した背景色で、背景を塗りつぶします。
文字列が見にくい場合に使用します。
水平位置/dt>
文字列の水平位置を設定します。
垂直位置
文字列の垂直位置を設定します。
画像からはみ出す場合は出力しない
・・・だそうです。
文字列埋め込みのサンプル
文字列埋め込みのサンプルキャプチャ(Captured by PAPEPO)
キャプチャサンプル

フォント名 : Georgia
スタイル : 斜体
サイズ : 12
背背景 : 白
水平位置 : 右
垂直位置 : 下

ついでにWinShotならではのカーソルキャプチャもしておきました。
文字列が端に寄り過ぎてる場合は、スペースで何とかしましょう。

カット

キャプチャと同時にカットを行う
キャプチャと同時に上下左右をピクセル単位でカット出来ます。
でも、使用しないと思います。

少しでもお役に立てば幸いですぅ(*´∀`*;)

Comments

ターザン007 : こんにちは!

キャプチャソフトですね!
わたしはCapture STAFF-Light
というのを使っています。

キャプチャソフトはいろいろ種類があるので、
実際のところどれがいいのかわかりませんけど・・・
あと加工にセピヤ調とかモザイクとかありますが、
わたし的には必要ないのですが・・・
まあとにかく、わからないまま適当に使っています。(笑)

ではこれにて!
ごきげんよう!!
     (^o^)/

パペポ : こんばんは~!

>ターザン007さん
自分にあったソフトを使うのが一番ですね。
それにソフトは使い込んでこそだと思います。

私もキャプチャソフトでの加工はあまりしません。
余分な部分の切り取りくらいです。
やはりフォトレタッチソフトの方が加工はしやすいかな。
というわけで、外部アプリがとても有効なのでした。

では、ごきげんさまー( ´∀`)

Comment Form