Recent Entries

スポンサーサイト

[スポンサード リンク]


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Windows Vistaのシステムサウンドを変更する!

[スポンサード リンク]


Windows Vistaシステムサウンドを変更する方法をご紹介します。
システムサウンドというのは、Windowsの起動時(終了時)の音やシステムエラー、「ゴミ箱を空にする」時の音などWindows上で鳴る様々な音の事です。
Vistaに替えた当初は、システムエラーの音がすごーく嫌いだったなぁ(-_-)
(システムのエラーなので、聞きたくない音という点では合格ですけど・・・。)

今回はそんなWindows Vistaのシステムサウンドを変更してみましょう!
ここでは、「Windowsの終了」の音を標準の「Windows Shutdown.wav」から「ファンキーポップ2.wav」に変更してみます。

Windows Vistaのシステムサウンドの変更方法

  1. デスクトップの右クリックメニューから「個人設定」をクリックすると、[個人設定] ウインドウが開きます。
  2. [個人設定]ウインドウの中の「サウンド」をクリックすると、[サウンド]ウインドウが開きます。
  3. プログラム イベントの欄にあるリストの中から「Windowsの終了」という項目を選択します。
    また、下にある[テスト]を押すと選択中のシステム音を視聴できます。

    システムサウンド視聴
  4. 下にあるサウンド欄のリストから、「ファンキーポップ.wav」を選択します。
    スピーカアイコンが黄色くなるのが目安になります。

    システムサウンド変更
  5. この状態で、[適用]ボタンを押せば変更が確定します。
    これでWindows システムサウンドの変更は一応終了です。
  6. でも、システムサウンドの変更に名前を付けておいた方が便利です。
    サウンド設定」で、「Windows標準(変更)」を選択して、[名前を付けて保存]をクリックします。
  7. [サウンド設定に名前を付けて保存]ウインドウが開いたら、お好きな名前を入力して[OK]をクリックして完成です。
    サウンド設定に名前を付けて保存

このような感じで簡単にWindows Vistaのシステムサウンドは変更できます。
設定した「サウンド設定」は[削除]ボタンで簡単に削除できます。
また、、Windows標準を選択すれば、標準に戻りますし、「サウンドなし」を選択すればシステムサウンドが鳴らなくなります。

最初から入っているサウンドファイル(.wav)の中にも聞いた事のないものがたくさんあるので[テスト]ボタンで視聴してみるのも面白いですよ。

すでに気づいた方もいらっしゃるかもしれませんが、Windwos Vistaでは、起動時の音の変更はできません。
どうやら起動音を作ったアーティストとの契約の為らしいです(lll゚Д゚)ヒイィィィ!!
windowsvista起動音の変更の方法 -OKWave

でも、Windows Vistaの起動音を消す事だけは出来ます。
[サウンド]ウインドウの「Windows スタートアップ サウンドを再生する」のチェックをはずせばOKです。

Windows スタートアップ サウンドを再生する
(初期設定ではチェックが付いています。)

また、Windowsのシステムサウンドは元から入っている効果音だけではなく、WAV形式のファイル(拡張子「.wav」)であればなんでも利用可です。


まずWindowsのシステムサウンドのリストにWAVファイルを追加しなければいけませんね。
下記フォルダの中に放り込めば認識されるので超簡単です(゚∀゚)

C:\Windows\Media

([サウンド]ウインドウにある[参照]ボタンを押せばOKです!)

とはいっても、WAVファイル自体が無ければどうしようもありませんね。
ついでにWAVファイルがダウンロードできるWebサイトもご紹介します。

SoundSnap.com
SoundSnaphttp://www.soundsnap.com/

効果音ファイルが作成者によってアップロードされており、無料でダウンロードすることが出来ます。
ダウンロード形式はmp3とWavとaiffから選べるようになっています。

このSoundSnapから、WAVファイルをダウンロードしてみましょう。
お好きなカテゴリ(アイコン)をクリックします。
「Sorting criteria:」ってところで、並べ替えると探しやすいです。

Most recent : 最新ファイル順。
Most popular : 人気順。
Highest rated : レートの高い順。(当てにならない・・)
Oldest : 古い順。
Alphabetically : アルファベット順。
Shortest duration : 再生時間が短い順。
Longest duration : 再生時間が長い順。

カテゴリ-Music Loops

Title : 効果音のタイトルです。
User : 作成者様です。感謝ヽ(゚∀゚)ノ
Duration : 再生時間です。(システムサウンドにするなら、短めで!)

再生ボタンを押せばダウンロードする前に視聴もできます。
右側のmp3、wav、aiffアイコンをクリックすればダウンロードできます。
(アイコンが半透明なのは、その形式が無いという事です。)

130 piano4.wav

ダウンロードしたファイルは用途に合わせてリネームしておくとわかりやすくて良いです。
(用途 : Windows ユーザー アカウント制御、ファイル名 : UAC.wavなど。 )

「C:\Windows\Media」にダウンロードしたWAVファイルを移動する際に、たぶん「対象のフォルダへのアクセスは拒否されました」というダイアログが出ますが、[続行]をクリックし、さらに「ユーザー アカウント制御」も[続行]にすればOKです。

これで新たなシステムサウンドがリストから選択出来るようになりました。
先程、説明した方法で追加したWavファイルを設定してみましょう
私は、ダウンロードした「130 piano.wav」ファイルを「UAC.wav」とリネームし、Windows ユーザー アカウント制御の効果音に設定してみました。

軽快なピアノの音によって、ユーザー アカウント制御のウザさ解消(´∀`*)ノ
なんちゃってねー!でも、面白いから試してみてね!

Comments

Comment Form