Recent Entries

スポンサーサイト

[スポンサード リンク]


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Adobe Readerを最新版にアップデートしよう!

[スポンサード リンク]


Adobe ReaderとAcrobatのJavaScriptに危険な脆弱性が見つかりました。
Adobe Readerのバージョン「8.1.2」までが影響を受けるようです。
遠隔コード実行や個人情報流出に悪用される恐れがあるらしいので、最新版「9」かアップデート版「8.1.3」にアップデートしましょう!

Adobe ReaderとAcrobatのJavaScriptに危険なぜい弱性,最新版にアップデートを:ITpro

Adobe Readerなどは自動でアップデートされないので、Adobe Readerを使っている方はまずバージョンのチェックをしましょう!

Adobe Readerのバージョンは、「コントロールパネル」の「プログラムのアンインストール」を見ればわかります。Adobe Readerの実行ファイルで確認してもOKです。

もし、バージョンが「8.1.2」以下なら、アンインストールしちゃいましょう。
上書きインストールよりも良いらしいですよ。
(※同時にブラウザのAdobe Acrobatプラグインもたぶん消えます。)

download Adobe Reader9(最新版)のダウンロードはこちら。
Adobe - Adobe Reader(最新版)のダウンロード
Adobe Reader9をインストール出来ない場合は「8.1.3」で!
Adobe Readerの旧バージョンはこちらから。

ダウンロードページにはInternet Explorerで行った方が良さそうです。
Firefoxだとプラグインは入るけど、プログラム自体がインストールされない!?
ここらへんの事情がよくわかりませんね。

(追記)
すずめちゃんからアップデートに関する重要な情報頂きました。
Acrobat 6 Element(PDF作成)を使用しているパソコンにAdobe Reader 9.1をインストールすると、Adobe Reader6が自動的に削除されてしまう為Acrobat 6 Elementが動かなくなってしまいます。
これはAcrobat 6 ElementがReader 6に依存しているからだそうです。

PDFファイルによるウイルス感染も増えている昨今、Adobe Reader6でPDFファイルを見るのはとても危険な事だと思います。古いAcrobatでPDFファイル作成をしなければならない場合は注意が必要ですね。本当はReader6とReader9が共存出来ればよいのですが・・・。
異なるバージョンのインストールおよびアンインストールについて(Windows 版 Acrobat 9)

Adobe Readerのインストール方法

  1. Adobe Readerのダウンロードページにいったら、[今すぐダウンロード]をクリックします。
  2. すると「情報バーにお気づきですか?」というウインドウが出ます。

    情報バーにお気づきですか?
    (「今後、このメッセージを表示しない」にチェックをすると、以後表示されなくなります。)

    同時に画面上部に情報バーが表示されます。

    Internet Exploreer7の情報バー
  3. 情報バーをクリックするとこのようなメニューが表示されます。

    情報バー

    そして、「ActiveX コントロールのインストール」をクリックします。
  4. あとはウィザードの流れに沿ってAdobe Readerをインストールしてください。
    (ユーザー アカウント制御が出たら、[続行]で!!)

    Adobe Reader ダウンロード中

    途中にでる「getPlus(R) Helper」のUAC制御はなんでしょう?
    キャンセルするとインストールできませんが。あやしい・・・。
  5. 暫く待つと、Adobe Readerのインストールが完了します。

    Adobe Reader インストール完了

    以上でAdobe Readerのインストール完了です。
    デスクトップにショートカットが出来てるのでクリックして起動してみましょう!

上記の情報バーの扱いなどはInternet Explorerのアドオン インストールの方法なので覚えておいた方がよいでしょう。
これはわけのわからないプログラムをインストールしない為の仕様です。

Adobe Readerについて

Adobe ReaderはPDFファイルなどを見るためのソフトです。(PDFビューワー)
また、PDFというのは Portable Document Formatの略でAdobe Systems社が開発した電子文書のフォーマットです。
PDFとは 【Portable Document Format】 - 意味・解説 : IT用語辞典

ちなみにAbode Readerはバージョン5までAcrobat Readerと呼ばれていました。
現在のAdobe AcrobatはPDFファイルを作成したり共有したり、機密情報の保護とコントロールを行えるソフトウェアです。
紛らわしいので注意しましょう(゚∀゚)
Adobe - Adobe Acrobat family: Compare with Adobe Reader

PDFファイルは、Webブラウザ上で見る事の方が多いかもしれません。
その時に必要なのがAdobe Readerのプラグインなんですが、先ほどAbode Readerをインストールしたのでもう大丈夫です。
知らぬ間にPDFファイルが見れるようになっているでしょう。

Firefoxはプラグイン検索機能で、Adobeのプラグインディレクトリから有効なプラグインを見つけてきてくれるようです。
mozdev.org - plugindoc: ja-JP/faqs/acroread
また、OperaやSafariなどはFirefoxのプラグインディレクトリから拝借してくるので同様に使えます。

アドレスバーに「about:plugins」といれるとブラウザに搭載されたプラグインがみれるので確認してみてください。
Safariの場合は、「ヘルプ」-「インストール済みプラグイン」でOKです!

Adobe Acrobatのプラグインファイル : nppdf32.dll

最新版Adobe Reader9は起動が倍くらい速くなって使いやすいと評判です。
そういえば昔、PDFファイルは表示が遅すぎて見るのが嫌だったなぁ(´д`)
Adobe Reader9を実際に使ってみたけど結構速くなった気がします。

Adobe Reader9

Acrobat.comとAdobe Reader9:Jacques's Log - CNET Japan
起動速度が2倍に高速化 「Adobe Reader 9」日本語版公開  - ITmedia Biz.ID

また、Adobe Reader9はAcrobat.comと連携し、PDF文書を共有したり出来るようです。
見た感じ、ほぼ日本語にも対応してるようですねヽ(´ー`)ノ
Adobe Acrobat.com

と、まぁAdobe Reader9のインストールは成功したわけですが、気になる事がひとつあります。
それは、getPlus(R) Helperの存在・・・。
途中で出てくるんですが、説明がないんですよね。

getPlusって単なるインストーラーの名前でしょうか?
「プログラムのアンインストール」を見てみると、「getPlus(R) for Adobe」という項目も追加されてます。
また、Firefoxでダウンロードサイトに行ってAdobe Readerをダウンロードした場合は、プラグインにもgetPlusが登録されたりします。

getPlus(R) for Adobe

消してみたんですけど、Adobe Reader9の動作に異常はありませんし。
要らんもんは極力付けないでほしいなぁ(# ゚Д゚)
もしくは、ちゃんと説明がほしいなぁ~

というわけで、Adobe Readerなどにセキュリティーホールなどが見つかった場合は速やかに使用を中止するか、修正版をインストールしましょうね。
だぁれもやってくれませんよ~(*´Д`)

PDFビューワーはAdobe Readerだけじゃないので、探してみるのもアリですよ。

Comments

omoro : No title

起動格段に早くなりましたよねΣ(・∀・;)

パペポ : No title

検索で間違えてPDF踏んじゃった時のストレスが多少緩和されました。
昔は、表示が遅くてすごく嫌だったんですよねー(´д`)

Comment Form