Recent Entries

スポンサーサイト

[スポンサード リンク]


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Microsoft Office IME 2007の変換精度を向上させる

[スポンサード リンク]


少し前から言語バーのJPと共棲しているパペポです。
意味のわからない方は、ひとつ前の記事をどうぞ。
日本語で読みを入力するだけで英語に変換できるけど・・・

MicrosoftよりMicrosoft Office IME 2007の変換精度を向上させる修正プログラムが出ましたので適用させてみました。
インストール方法については下記サイトに詳しく出ているので問題ないでしょう。
Microsoft Office : IME 2007 変換精度、学習機能を改善した修正プログラムのご案内

文章中のインストールポイントというリンクをクリックすると実行ファイル(office-kb957698-fullfile-x86-ja-jp.exe)のダウンロードが開始されます。

修正プログラム KB957698

Microsoft Office IME 2007の修正プログラム(KB957698)を適用するにはパソコンの再起動が必要なので、ほかのアプリケーションを終了させてからダウンロードした実行ファイルをダブルクリックしましょう。

あと自分でする事と言ったら「マイクロソフト ソフトウェアライセンス状況に同意するにはここをクリックしてください」にチェックをつけるのと、再起動のダイアログで[はい]をクリックするだけです。
※IMEが貯めてた今までの学習情報は破棄されるようです。
登録してあるユーザー辞書は残りますよ!

Microsoft Office IME 2007用 修正プログラム

修正プログラム : KB957698
適用後のMicrosoft Office IME 2007のバージョン : 12.0.6327.5000

修正プログラム(KB957698 )がちゃんと適用されたか確認しましょうね!
言語バーの青い丸(言語バーのハテナマーク」 → 「Microsoft Office IME 2007」 → 「バージョン情報」と進み、バージョンが上記の数字ならばOKです。

このページを見て笑っちゃったのが、言語バーにJPが付いている事です(´∀`*)
もしかして、「言語バーにJP」は普通の事なのかしら?
少しホッとしました。同じ人がおったでぇー!

と、思ったのも、束の間・・・

修正プログラム適用後、なんと言語バーのJPが消えてます。
マジ!? これは夢ですか?

ナイスタイミーング!

なんか今日はかなりのラッキーボーイです
無理やり言語バーのJPを撤去しなくて良かったぁε-(´∀`*)ホッ
ちゃんとした直し方がわかるまで、もう「英語に変換...」はやらないぞー。

おっとっと
ついつい嬉しくて脱線してしまいました。

さて、気になる修正プログラム適用後のMicrosoft Office IME 2007の挙動ですが、ハッキリ言って抜群に良いです!

イライラの元だった「変換スピード」も上がった気がしますし、結構気になってた「変換した際に、前回選択した漢字がすぐに変換候補として表示されない事」などの不具合がなくなってます。
今まで、Microsoft Office IME 2007の変換の悪さが嫌で使ってなかった方は、ぜひ試していただきたいです。

また、まだ修正プログラムを適用したばかりであまり使い込んでないので、誤変換などについてはわかりませんが、きっと良いものになったと思います。
嫌なところが改善されていくのってホント気持イイですねヽ(´ー`)ノ

Comments

気ままな宇宙人 : No title

>変換した際に、前回選択した漢字がすぐに変換候補として表示されない事
非常にひどかったので改善されていて助かります。
ようやく、まともにIMEが使えるみたいv-218

パペポ : No title

>気ままな宇宙人さん
やっぱそうですよね。
学習しなかったですもんね。
良かった良かった^^

名無しのごんべえさん :

私はたまに韓国語など打つときに使うので[JP]がでてますよ
韓国語を追加した場合は日本語のキーボードでもハングルが打てるようになります
・設定方法
言語バーを右クリック→設定クリック
[追加]言語を追加
[削除]追加したものを削除

パペポ : No title

>名無しのごんべえさん
なるほど!
直接入力でなんとかなる英語の事しか考えてませんでしたが、韓国語(ハングル)などの入力には必須ですから、JPはごく普通の事でしたね。
設定方法までわざわざ書いて頂いてありがとうございます(゚∀゚)

Comment Form