Recent Entries

スポンサーサイト

[スポンサード リンク]


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Windows Aeroの体感速度を上げるには?

[スポンサード リンク]


Windows Vistaの目玉のひとつでもあるWindows Aeroですが、モタモタした感じが嫌な方も多いと思います。特にメモリーが少な目なパソコンでは、パフォーマンス自体が落ちて快適な作業ができない状態にあるかもしれません。
でも、Windows AeroのAeroグラスによる半透明効果がとっても好きだという方もいるでしょう。
というわけで、Aeroグラスはそのままで不必要なアニメーションのみを無効にして体感速度を上げてみましょう。
(Windows Vistaの動作が速くなるわけではありませんのであしからず。)

必要のないアニメーションを無効にする

  1. [スタート]メニューから「コントロールパネル」を開き、「コンピュータの簡単操作」をクリックします。
  2. コンピュータの簡単操作センター」をクリックし、「タスクに集中しやすくします」をクリックします。
  3. 時間制限と明滅画像を調整します」の項目の「必要のないアニメーションは無効にします(可能な限り)」にチェックを付けます。
    以上です。

これで、少しだけWindows Aeroの体感速度が上がります
タスクバーにウインドウを収納したり、Windowsサイドバーを閉じたり、ファイルを開いたり、閉じたりしてみてください。
必要のないアニメーションというのは、徐々に小さくなるようなイメージなどの事なんですね。一瞬で、パッと開いたような感じがして、体感速度が上がるのです。

人って案外視覚だけで判断してるのかなぁと思ってしまいます
ブラウザのレンダリング速度なんかもそれに近い感覚があります。
少しずつ描画されるよりは、ちょっと待っても一気に表示された方が速い印象を受けます。

WebブラウザのOperaには、描画のタイミングを「すぐに描画する」、「○秒後にする」、「すべて読み込まれてから描画する」なんて設定があります。
これも体感速度への配慮かな

ちょっと脱線しましたが、一度お試しあれ。
Windows Vistaがパリッとした動きになりますよ

Comments

Comment Form