Recent Entries

スポンサーサイト

[スポンサード リンク]


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あなたのサイトのWebアクセシビリティを無料でチェック!

[スポンサード リンク]


あなたのサイトはWebアクセシビリティに気を使っていますか?
利用者のことを考えた作りになっていますか? そもそもWebアクセシビリティという言葉をご存じですか?

Webアクセシビリティは簡単にいうとWebページの利用のしやすさです。
つまり、アクセスした誰もが同じ情報を共有できる状態が良いということです。
Wikipedia-アクセシビリティ

アクセシビリティは英語で書くと、accessibilityです。
辞書でaccessibilityの意味を調べると、「近づきやすいこと。物を得やすいこと。また、道具などの使いやすさ。」とあります。Yahoo!辞書-アクセシビリティ
ふむふむ、近づきやすいブログなんて最高じゃないですか

そんなWebアクセシビリティを点数で評価してくれるサイトがNTTデータから誕生しました。
Webアクセシビリティチェックサイト 「HAREL」です。(無料
約130の観点からWebアクセシビリティをチェックしてくれます!
URL : http://harel.nttdata.co.jp/

さっそく、私のブログのWebアクセシビリティを評価してもらいました。

HAREL

ガーン
思ったより低いのね・・・。今日の平均点:69点を下回ってしまいました。
あー、HARELって名は、晴れからきてるようですね
でも、わたしゃ曇りだ

さらにHARELは点数評価だけでは終わりません!
[詳細表示]を押すと、どこが良いのか(晴れポイント)、またどこが悪いのか(雨ポイント)を詳しく教えてくれます。
グレーゾーンは曇りポイントです。
解説だけではなく改善方法まで表示してくれるので、とてもわかりいやすいです

ちなみに該当行も教えてくれるので、すぐ修正できますよ!
また、ローカルのHTMLファイルを、公開前にチェックすることも出来ます!

当ブログの雨ポイント(TOPページ)

  1. 画像にalt属性がない。(絵文字)
  2. alt属性に画像ファイル名が使用されている。(ウッカリ)
  3. 文字サイズが固定されている。(FC2 : entry_footer)
  4. 言語が変わる場合に言語属性種別がない。(途中にlang属性つけるの?)
  5. 別ドメインのリンクを新しいウィンドウで開くことが明記されてない。(ハニャ)
  6. img要素にwidth、heightがない。(ファイル挿入でやると付かないですね。)
  7. リストに8つ以上の項目(li要素)がある。(良くないの?てか、このリストも・・・)
  8. リンクテキストが短い(全角2文字以下)(Fc2 : 記事下の「カテゴリ」、「▲」)
  9. リンクテキストが長い(全角30文字以上)(タイトル)
  10. 画像ファイルへ直接リンク。(slimboxのため)
  11. サイトマップがない。(ブログだと・・・)
  12. 月日表記にスラッシュ使用。(カレンダー、Entryなどの日付)
  13. 読み上げ不可能な記号。(▲)

ほげげぇー、たくさんご指摘いただきました
直そうと思ったけど、FC2ブログの作りみたいなところもあるのでやめました。
絵文字もalt属性付けなきゃならんしw。

でも、これからはWebアクセシビリティを少しは意識しようかなと思います。
HARELはWebアクセシビリティを学ぶ良いきっかけになるサイトです。
Webアクセシビリティに興味のある方は利用してみてはいかがでしょうか

気になる本家HARELのWebアクセシビリティは・・・

HAREL
雨ポイントが0でした!ほほほー、立派立派

Comments

C100seo : こんにちは!

こんにちは!
Webアクセシビリティって、どういう基準に判断してるのかな?
と思ったら、HTML文法に照らし合わせて採点してるようですね。
プラグインの文法などは、マイナス要因になることがよくあります。

パペポ : ですね~。

記事はともかくプラグインなどは変更して良いか確認する必要があります。
HARELはW3CのWCAG1.1(Web Content Accessibility Guidelines)や、JIS X 8341-3:2004 のガイドラインに対応しているようです。
優先度1の項目は出来るだけクリアしておきたいものですね。

Comment Form