Recent Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

目に効く 四季彩 Light

最近、目疲れがひどいです。肩こりも結構きちゃってます。
きっとパソコンのやりすぎでしょう、分かっちゃいるけどやめられねぇ~。
ア ホレッ スイスイ ス~ダララッタ スラスラスイスイスィ~

「ROHTO Zi: FREE」っていうちょっとクールな目薬をさして我慢する毎日。
そんな時に出会ってしまいました。

目に効く 四季彩 Light powered by Stretcheye

自分のパソコンにひっそりとバンドルされてたソフトです。
ソフトインストーラでさっそくインストール開始~

ほうほう、「目に効く 四季彩」というだけあって、春、夏、秋、冬と季節毎の映像(音付き)があります。春は桜、夏は海、秋は紅葉、冬はサンタさんです。
なんともショボイ映像ですね~
でも、目的は目の疲れをとるこですからOKです!

ヘルプを見ると、1998年に眼科医と共同開発された、パソコンの画面を見ながら眼精疲労を予防するストレッチアイというソフトの技術を用いて作られたそうな。

平行法立体視の手法(目の錯覚状態)で立体視映像をみると無限遠方視という遠くを見ている状態と同じになって、目の筋肉が弛緩する(ゆるむ)。また、繰り返し遠近に動く物体に視線を移すことで、より目の筋肉をほぐし、眼精疲労を回復し、視力低下を予防するという仕組みらしい。
眼科医による実験によって実証済みだそうです。

目が疲れたら、1日3~4回程度利用すればよいらしい。
瞳孔間距離(目の瞳と瞳の間の距離)とモニターの幅を設定して始めます。
かなり古そうなソフトですが、しばらく試してみます。

ストレッチアイのホ-ムページで体験版ダウンロード(14日間)と「立体視練習カード(pdf)」がコピーできます。興味のある方は利用してみてはいかがでしょうか。

でも動作環境OSにWindows Vistaありません。
Vistaの方は動作は保証いたしかねます。

あれれれ?わたしのVista搭載パソコンには入っていましたが…
「目に効く 四季彩 Light」のLightが付いていないので少し違うのかな?
動作保証なしで入ってたりして

健康が何より一番。Health is better than wealthです。
みなさんも目のケアを忘れずに~

FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト

Snipping Tool

Windows Vistaに付属しているSpipping Tool(スニッピングツール)はとても便利です!
ディスプレイ上の画像を簡単にキャプチャできるし、その画像にメモ書きして保存することだってできます。

今までのWindowsでも、「PrintScreenキー」押せばスクリーンショットをとる事はできました。(Windows Vistaでも可能です。)
しかし、そのあとクリックボードに保存された画像を画像編集ソフトなどに張り付けて加工する必要がありました。
また、ディスプレイ上の一部だけを切り取って保存することはできませんでした。
(「Altキー」+「PrintScreenキー」でアクティブなウィンドウのみの撮影は可能)

Snipping Toolを使えば、ディスプレイを見ながら画像の一部分だけを簡単に保存出来ます。使い方も簡単で、クリック&ドラッグで切り取る領域を指定すれば良いだけです。
画像ファイルとしての保存が可能で、保存形式はJPEG・HTML・PNG・GIFに対応してます。

SnippingTool
(この画像はSnipping Toolを起動させた状態で、「Altキー」+「PrintScreenキー」を押し、「ペイント」に張り付けて保存したものです。チャプチャツールをキャプチャです

Snipping Toolの使い方

新規作成の三角形を押すと切り取り方法の設定ができます。
Snipping Toolを起動して初めに行う作業です。(そのままの設定でも可)

snipmenu
(こちらはSnipping Tool起動後、「ESCキー」で非アクティブにし、新規作成のMenuを出したのち「Ctrlキー」+「PrintScreenキー」でMenuを分離させて撮影してます。)

自由形式の領域切り取り

フリーハンドで切り取りができます。ハサミアイコンを自由自在に動かしてお好きなところをお好きな形に切り取れます。

四角形の領域切り取り

クリック&ドラッグで四角形の領域を指定し切り取ります。
初期設定では、これがチェックされています。

ウィンドウの領域切り取り

ウィンドウやダイアログ単位での切り抜きができます。
複数のウィンドウがあっても、マウスオーバー&クリックで選択可能です。
アクティブでなくても、ウィンドウが開いていればOKです。 「Altキー」+「PrintScreenキー」より便利!

全画面領域切り取り

ディスプレイ全体をキャプチャします。
「PrintScreenキー」と同じです。

「キャンセル」は指定した切り取り領域をキャンセルします。

Snipping Toolオプションではさまざまな設定ができます。

Snipping Toolのオプション画面を見たい方はこちら。
(ページが重くなると嫌なので貼り付け自粛)

指示のテキストを表示しない」、「切り取り領域の下にURLを追加する(HTMLのみ)」はよくわかりませんでした。試しても変化がないようで…

Snipping Toolがアクティブな場合、画面のオバーレイを表示する」のチェックを外すとSnipping Toolを起動した時の白い霧のようなものが無くなり、普段通りの画面で切り取り領域を指定できます。
オバーレイとなってましたが、オーバーレイのことでしょう。

インクの色」は、領域選択の際の枠線の色です。
切り取り領域をキャプチャした後、選択線を表示する」にチェックを入れると、「インクの色」で指定した枠線が画像とともに保存されます。

Snipping Toolで一番良いと思うところは、領域指定後に開くウィンドウで保存前に切り取った画像が確認できる事です。
うまくいかなかった場合は、新規作成を押せばやり直せます。

また、このウィンドウでは保存前にペンや蛍光ペンでメモ書きができたりメールに張り付けることが容易にできます。また、ペンをカスタマイズすることもできます。 やり方は簡単なので省略しますが、色々と試してみてくださいね。

長くなっちゃいましたが、Snipping Toolは簡単で便利なキャプチャツールです。
キャプチャ画像などはテキストでは伝えづらい事などを伝える手段としては最良の手段だと思います。
パソコンにSnipping Toolがある方は、一度使ってみてはいかがですか?

FC2 Blog Ranking