Recent Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハイブリッドスリープって何者?

Windows Vistaにハイブリッドスリープという終了オプションがあります。(表示はスリープ)
ハイブリッドスリープは従来の「スタンバイ」や「休止状態」の長所を両立させた新しい省電力機能だそうな。まずは従来の終了オプションをおさらいしてみましょう。

従来の終了オプション

スタンバイ

復帰のために必要なデータをメモリーに記憶したまま、CPUやハードディスクの電源を切るので復帰時間が早いです。ただし、パソコンの電源が切れると、メモリー内のデータが消えて、復帰できなくなります。

休止状態

中断する際に、メモリーのデータをハードディスクに丸ごとコピーしておき、復帰する時にはハードディスクからデータを読み出して、電源を切る直前の状態に戻します。復帰時間は遅いです。

シャットダウン

パソコンの電源を突然オフにすると作業が中断され作業中のデータが消えてしまうので、パソコンに終了の合図を送る必要があります。この作業をシャットダウンといいます。

再起動

パソコンは終了しません。
コンピュータを起動しなおすことです。「リブート」や「リスタート」とも呼ばれます。アプリケーションをインストールした時や周辺機器を追加した時など、システムの設定を変更した場合などに必要となる場合があります。

Windwos Vistaのハイブリッドスリープは、メモリーのデータを保持したまま、ハードディスクにも同じデータを記録することで、復帰スピードと安全性を両立した終了オプションです。 Vistaの標準設定ではスリープがハイプリッドスリープなので、スリープとハイブリッドスリープがごちゃまぜになっているような気がしません?(表示がどちらもスリープの為)

Windwos Vistaにも単なるスリープ(スタンバイと同じかな)や休止状態がありますよ。

コントロールパネル」-「システムとメンテナンス」-「電源オプション」を開きます。
お気に入りのプランの下の「プラン設定の変更」-「詳細な電源設定の変更」へ。
その中のスリープの欄に「ハイブリッドスリープを許可する」という項目があります。

通常は、ハイブリッドスリープの設定がオンになっているのでオフにしてみましょう!
すると、終了オプションに「休止状態」が表示されます。「スリープ」はそのままですが、内容はハイブリッドスリープではなくなっています。
マウスオーバーした際のコメントが変化しているのでわかります。(セッションをメモリーに保存して…)

スリープとハイブリッドスリープはデータをハードディスクに記憶するかしないかの違いだけなので、復帰スピードに違いはないと思ったんですが、やっぱり素人の考えどおりにはいかないようです。

Microsoft : Windows Vista でハイブリッド スリープからの復帰に必要な時間がかかることがある

ハイブリッドスリープのオン、オフの方法を説明しましたが、わざわざハイブリッドスリープを解除する必要はないと思われます。でも、もしかしたら必要な時があるかもしれないので、記憶の片隅に保存

Microsoft : ハイブリッド スリープからの復帰時にサイドバーの時計やスライドショーの表示が停止する

この問題で困っている場合、ただの「スリープ」や「休止状態」を使えば平気かもしれません。根本的な問題の解決にはなりませんが。(試してません)
なお、デスクトップパソコンとノートパソコンではハイブリッドスリープの動作が違うようです。

Vista搭載ノートはスタンバイから2秒で復帰――マイクロソフトがVista説明会を開催:ニュース

また、パソコンメーカーによってもハイブリッドスリープの初期設定などが違うかもしれませんのでご確認を。(私はNEC VALUESTARどぇす。)
FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト